FC2ブログ

第59期王座戦終了後の雑考

今年の王座戦も3-0のストレート決着となりました。しかし勝ったのは今までと違い挑戦者でした。

今日の新聞、私は見る気になれず家を出ました。
「羽生ファン」という訳ではありませんが、時代が動きつつあるのを感じ、どことなく寂しさを覚えたからです。
王位戦で広瀬七段から奪取したのも束の間、まさかのストレートで王座失冠。
いつか来ることではありますが…。
大山→中原→谷川→羽生(かなり大雑把ですが)と受け継がれてきた系譜が
渡辺竜王に受け継がれる時が来たでしょうか。

永世七冠を2度阻止、そして今回は王座戦20連覇を打ち砕き、タイトル獲得数歴代単独1位となるのを阻止。
90年代前半に活躍した「関東の刺客」を思い出しました。竜王は刺客ではなく、れっきとしたタイトルホルダーですが。

渡辺二冠、羽生二冠、久保二冠となりますね(そして森内名人)。
そして舞台は竜王戦へ…。
渡辺竜王の視界には竜王戦、そして王将戦、名人戦が見えているのかもしれません。
そして、二人のタイトル獲得数が逆転した時に完全な世代交代かな、と私は思っています。


最後に注目棋士の今年度成績です(9月28日現在)。

羽生三冠 23勝14敗 .622
渡辺竜王 16勝3敗 .842
森内名人 9勝8敗 .529
久保二冠 13勝9敗 .591
谷川九段 5勝8敗 .385
佐藤(康)九段 7勝11敗 .389
広瀬七段 11勝7敗 .611
戸辺六段 9勝11敗 .450
豊島六段 20勝6敗 .769
佐藤(天)六段 12勝6敗 .667
村山五段 16勝9敗 .640
糸谷五段 16勝8敗 .667
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR