FC2ブログ

第14回ごしっく杯 猛省の記録第7局

今回も動く棋譜と自戦記でお送りします。











受け得さんとの対局である。強いという話は聞いたことがあり、対局の申し出を頂いたこともあって楽しみにしていた。

四間飛車対中飛車。5筋位取りと言うのだろうか。細かい攻防はあるが全体的にじっくりした流れとなった。
本局のような指し方をされたのは初めてだったので、手将棋で対応した。

第14回第7局1

第14回第7局2


本局は積極的に指すことを心がけた。55手目▲同飛、59手目▲3六飛がそうである。55手目は後手の攻めの方が早いと思いそれを嫌ったもの、59手目は冒険のつもりだった。

第14回第7局3

じりじりと悪くして、69手目▲6九飛で一気にだめになったようである。
最後ははっきり差がついてしまったが、地力の差かな、と思う。個人的にはあまり悔いは残らなかった。悔しくない、という意味ではない。
感想戦では私がかなり悪い形勢かな、と思っていた局面も解析させてみるとそんなに差はないようだった。
もちろんコンピュータの方が正しいとは限らないが。
私は形勢判断がどちらかといえば悲観的なので、もう少し楽観的に考えても良いのかな、と思った。
対局ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR