FC2ブログ

第14回ごしっく杯 猛省の記録第1局

所属する将棋倶楽部24サークルの大会、私もついに対局となりました。以下、自戦記でお送りします。











ごしっく杯デビュー戦はZグループ優勝候補の方と指させていただきました。Rはこちらの方が上とはいえ、勝てる気はしませんでした。

序盤は緊張からかずっと体が震えていました。
将棋は四間飛車対居飛車という展開になりました。予想通りです。

双方駒組みが進み、26手目△7四歩~28手目△7三銀。
「棒銀だ……」
棒銀は案外指されたことがなく、そうされた時もその場の対応で何とか無難にやり過ごしてきました。
しかしきっちり指されると自信はありません。頭の片隅にあった不安が現実となってしまいました。
37手目▲5九角。自信の無いままに指しました。「これで収まれば…」
▲6五歩が定跡だったようですね。そこから防戦一方となり…。


画像1

48手目の局面です。誰がどう見ても後手の押さえ込みが成功した形です。先手はあまりにも大駒が窮屈で、しかも駒損です。

「ちょいワル逆転術」という言葉が頭に浮かびましたが、「超ワル」と言う方が妥当になってしまっているこの状況で、どう指すか途方に
暮れていました。

私は弱い中でも序盤が特に下手だという自覚があります。だいたい中盤では不利に…。
そんな感じなので「将棋は不利になってからが勝負」と最近自分に言い聞かせています。
ここからが腕の見せ所。開き直りました。

その後大駒を総交換し、さばけにはさばけましたが明らかに銀桂の駒損。間違いなく不利です。
後は相手の方の手に身を任せようと思っていました。

60手目からは相手の方の攻めをひたすら受ける展開となりました。寄せられるのではないかと非常に怖かったです。
70手目の△3五歩には身が縮む思いでした。

82手目△2四歩は下駄を預けた一手かなと思いました。しかし詰まさなければこちらが大変なことになってしまいます。
秒読みの中、焦りましたが何とか詰ますことができ、91手で薄氷の勝利となりました。

感想戦では52手目に何かないかという話でした。本譜を含め、どう指しても後手が良さそうですが^^;

勝った気は全くしませんでした。運が良かっただけです。次回対戦したら負ける可能性は十二分にあります。

夜遅くの対局、本当にありがとうございました。またよろしくお願い致します^^
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

劣勢(たぶん・・)からの逆転お見事でしたー^^

さい先いいですねー

この調子で頑張ってください!!

優勝できますよ^^

お見事!

 らてぃさんごしっく杯初勝利おめでとうございます^^
41手目で棒銀の受け間違えたかな?っと思いきや
51手目からの華麗なるさばきが素晴らしかったです(*゚ー゚)

実は私もこの棋譜は密かに研究してたりします
※一応定跡では41手目から▲55歩△同角▲67銀らしいです^^;

46手目で△67歩成りを受けなきゃいけないと書き込んで
総突っ込みいれられていた私でしたorz
※△67歩成りは▲22角成りで飛車素抜きの筋がある事に気づいてなかった^^;

うどんさんへ

明らかに劣勢でした^^;

幸先良くスタートを切れましたが、優勝できるとは思っていませんし、狙ってもいません^^ マイペースで頑張ります。

とうふさんへ

自分でもよくさばけたと思います^^;

41手目▲5五歩△同角▲6七銀ですか。見たことある気がします。しかし覚えなければ…。

△6七歩成としてくれれば…と少し思っていた節はありました^^
プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR