FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61期王座戦第5局

両者2勝2敗で迎えた第61期王座戦第5局。
山梨県甲府市「常磐ホテル」で行われました。
振り駒の結果羽生王座が先手、戦型は横歩取りに進みました。
▲6八玉と上がってから▲5八玉は、一手で▲5八玉とできるだけに手損のような気がしますが、相手の出方を伺った手なのでしょうね。

中盤、羽生王座に▲9五角という手が出て、その辺りから先手ペースになりましたでしょうか。
中村六段は△2五歩と桂を殺して催促しますが、そこで羽生王座は▲7三銀不成!
これで受けがないという話。驚きました。

勝っても負けても最終局、△5三銀はさすがの粘りです。
対する▲7二金はその手か、という気がしましたが先手優勢は動かず。

淀みなく寄せ、最後は捨駒の▲7一角で中村六段の投了となりました。
103手まで、羽生王座の勝ち。

これで羽生王座の防衛となりました。
王座通算は21期、同一タイトル保持の新記録です。
通算タイトル数は86期に達しました。

今シリーズ、非常に見ごたえがありました。
中村六段の大舞台再々登場はそう遠くない日のような気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。