FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61期王座戦第1局

王座のタイトルだけでも20期を誇る羽生王座に中村六段が挑む第61期王座戦が開幕。
宮城県仙台市「仙台ロイヤルパークホテル」で行われました。
戦型は一手損角換わりとなりました。
▲8三角の時点では攻勢の先手中村六段が形勢良しと見ましたが、実際には難しかったようです。
その後、形勢は二転三転したようですが、意外に後手による9筋攻めは効果があったのでしょうか。
△1五龍では△2五龍の方が良かったとの感想戦コメントですが、私にはちょっと分かりません。

△2六歩は素人目に遅い気がしました。
中村六段は馬を後手陣に近付けます。先手良しとの見解が検討陣で出されました。
攻めかかる中村六段ですが、恐るべきは羽生王座の粘り。

先手玉は安全で、差をつけての勝利かと思ったのですがそうはいきません。
△4四角、私であればどう指せばいいか分からなくなること請け合いです。
とはいうものの、最後は中村六段がしっかりと逃げ切りました。
挑戦者の先勝、終局は22時21分でした。

中村六段がまず勝利を収めたことで、ますます今後の展開が面白くなった感があります。
対羽生王座は初勝利、これで気持ちが変わるかもしれません。
個人的には中村六段が奪取すれば、将棋界における時代が変わると考えていますので、その点も含めて楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。