スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第54期王位戦第5局

羽生王位が3勝1敗として迎えた第54期王位戦、第5局が徳島県徳島市の「渭水苑」で行われました。
戦型は一手損角換わりとなりました。

角交換の前に9筋の歩を突き合う展開。
先手の羽生王位は棒銀、後手の行方八段は腰掛銀に構えました。
△6四角から角交換し、再び△6四角と据えたところで1日目が終わりました。

2日目、羽生王位の封じ手は一本入れる▲3四歩。
羽生王位の構想は▲1八香~▲3九角。▲1九角かと思いました。

△8六歩のタイミングに問題があったようで、後手の忙しい展開に。
▲8七銀は手厚い手。
後手の攻めが一段落したところで▲8三歩~▲5一角のスパート。
▲4四歩とくさびを打ち込み、▲4三角成と切って決めに行きました。
4三にと金ができたところで行方八段の投了。
95手まで羽生王位の勝ちとなりました。

これにより羽生王位は対戦成績を4勝1敗とし、防衛を果たしました。
王位は通算15期、タイトル獲得は85期となりました。

行方八段が好調だったため、接戦になるのではと予想されていた(と記憶している)王位戦ですが、
終わってみれば羽生王位の経験が勝ったというところでしょうか。

行方八段は跳ね返された形となってしまいましたが、高勝率を保って再びの表舞台への登場を
見てみたいなと思います。

羽生王位は複数冠での2013年度終了が早くも決定しました。
次は王座戦、中村太地六段の挑戦を受ける形となります。
昨年の棋聖戦に続く2度目のタイトル戦での対決、世代の違う2人による将棋が楽しみです。

雑記の更新は明後日になりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。