スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第54期王位戦第1局

王位だけでも14期保持の実績を持つ羽生三冠に、タイトル初登場の目下絶好調行方八段が挑む夏のタイトル戦王位戦が始まりました。
第1局は愛知県蒲郡市の「銀波荘」。
数々のタイトル戦が行われた所ですね。私は▲5七銀の印象が強いのですが…。
振り駒の結果、先手は羽生王位に決まり対局開始。
戦型は角換わり腰掛け銀となりました。
1日目は定跡をなぞって終わりました。封じ手は行方八段が行ったようですね。

2日目、59手目▲4四歩で羽生三冠が変化。対して行方八段は△7六歩でしたが感想戦によると△4七歩が有力だったとか。
激しい切り合い、スピード勝負となりましたが、相手玉を寄せたのは先手でした。
83手まで、羽生三冠の勝ちとなりました。

第1局はタイトル保持者の羽生三冠が制した訳ですが、まだまだ趨勢は分からないという印象を受けました。
第2局は行方八段が先手となります、そこでどうなるかですね。
戦型は個人的には居飛車であれば矢倉か横歩取りが見たいなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。