FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成10年度将棋年鑑

平成10年度の将棋年鑑を図書館から借りてきました(このことは以前書いたかもしれません)。
平成9年度の将棋を取り上げています。
表紙には佐藤康新名人。
掲載棋譜511局! 7大タイトル戦・A級順位戦・竜王戦本戦完全収録とあります。
ほんの一部のデータを書いてみたいと思います。

七大タイトル
第10期竜王戦 谷川竜王4-0真田六段  谷川、貫録の防衛
第56期名人戦 谷川名人3-4佐藤康八段  佐藤新名人が誕生
第68期棋聖戦 三浦棋聖1-3屋敷七段  屋敷、棋聖に復活
第38期王位戦 羽生王位4-1佐藤康八段  羽生「永世王位」に
第45期王座戦 羽生王座3-0島八段  羽生、4期連続完封勝ち
第47期王将戦 羽生王将4-1佐藤康八段  羽生、佐藤の追撃を退ける
第23期棋王戦 羽生棋王3-1郷田六段(1千日手)  羽生、8連覇の新記録

一般棋戦優勝者
第28回新人王戦 藤井六段
第18回日本シリーズ 谷川竜王・名人
第31回早指し選手権戦 郷田六段
第16回早指し新鋭戦 藤井六段
第47回NHK杯争奪戦 羽生四冠
第17・18回オールスター勝ち抜き戦 五人抜き 久保五段 中田宏七段
第16回全日本プロトーナメント 羽生四冠
 
順位戦A級棋士は羽生四冠、森内八段、森下八段、佐藤康八段、島八段、中原永世十段、加藤九段、米長九段、
高橋九段、井上八段でした。
佐藤康八段が名人挑戦(そして奪取)、米長・高橋両九段が降級となりました。
米長九段はフリークラス転向を宣言し順位戦に別れを告げた年度でした。

竜王戦各組優勝は1組塚田八段、2組屋敷棋聖、3組行方五段、4組真田六段、5組松本四段、6組近藤四段。
4組優勝の真田六段が初のタイトル挑戦となりました。


現在、年鑑に記された記録から15・6年の時が流れています。
今と全く異なる棋士が活躍していると見るか、あまり変わっていないと見るか…。
よく見ると、タイトル保持者は全員現A級棋士ではありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。