スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第71期名人戦第5局

愛知県名古屋市の「ウェスティンナゴヤキャッスル」で行われた第71期名人戦第5局。
戦型は矢倉となりました。

後手の森内名人が玉をしばらくの間3一で待機させた後、2二に入城。
62手目△3七銀で前例を離れました。
69手目を封じて1日目が終わりました。
1日目終了時点で、後手持ちと言われていた気がします。

▲3六銀と銀を引いて2日目が始まりました。
激しい攻め合いになりましたが、後手良しと判定された形勢が変わることはありませんでした。

102手まで森内名人の勝ちとなりました。
今シリーズは森内名人が4勝1敗で防衛となりました。
早い時間の終局が目立ち、熱戦はなかったように思われますが、内容がどうだったかは新聞や将棋世界誌で
確かめてみたいと思います。
熱戦=好内容とは限りませんので…。

森内名人、今期は盤石の防衛に素人目には見えました。
名人位を失う姿をなかなか想像することができません。
これで在位8期となり、羽生三冠を抜き、木村十四世名人に並びました。
少し気の早い話かもしれませんが、二桁も見えてきたのではないでしょうか。

羽生三冠は…この先が心配されます。
こういう事態の経験は数知れないと思われるだけに、復調するとは思いますが長引くようですと今年度の棋界の地図は
大きく塗り変わることになるかもしれません。

果たして来年の挑戦者はどの棋士になりますか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。