FC2ブログ

名棋士達の引き際 その3

前回書くことができなかった5人を紹介します。
丸田祐三九段 1919年3月30日
A級24期 一般棋戦優勝10回
1996年3月引退(77歳)

引退前3年間の成績
1995年度 7勝20敗 .259
1996年度 3勝19敗 .136
1997年度 6勝20敗 .231

ひねり飛車の新手▲9七角で有名な丸田九段。
77歳まで現役を続けられました。燃え尽きるまで戦い続けた存在と言えそうです。
現在94歳、健在棋士中最年長です。


米長邦雄永世棋聖 1943年6月10日生
タイトル19期 A級以上26期(連続、名人1期) 一般棋戦優勝16回
2003年12月17日引退(60歳)

引退前3年間の成績
2001年度 6勝15敗 .286 ※森内名人・谷川九段らに勝利
2002年度 9勝14敗 .391
2003年度 4勝11敗 .267 ※三浦八段らに勝利

「さわやか流」「泥沼流」の大棋士。
A級陥落と共にフリークラス転向を宣言されました。
2003年度には王将戦の挑戦者決定リーグ戦に進出。
引退時、竜王戦は2組在籍でした。
引退後は将棋連盟会長として活躍されました。


中原誠十六世名人 1947年9月2日生
タイトル64期 A級以上29期(連続、名人15期) 一般棋戦優勝28回
2009年3月31日引退(61歳)

引退前3年間の成績
2007年度 8勝11敗 .421 ※森内名人・郷田・丸山・高橋九段らに勝利
2008年度 5勝6敗(内不戦敗4) .455 ※羽生三冠・佐藤康九段らに勝利
2009年度 0勝1敗(不戦敗) .000

言わずと知れた大名人。
B級1組在籍時にフリークラス転向を宣言。
さすがに勝率こそ落ちましたが、引退時の竜王戦は1組在籍であったことから、ここ一番の強さは
健在であったと考えられます。


大内延介九段 1941年10月2日生
タイトル1期 A級6期 一般棋戦優勝8回
2010年4月20日引退(68歳)

引退前3年間の成績
2008年度 5勝18敗 .217
2009年度 5勝19敗 .208
2010年度 1勝0敗 1.000

「怒涛流」と呼ばれた名棋士。
規定に達するまで指し続けられました。
引退後も、時々大盤解説をされています。


有吉道夫九段 1935年7月27日生
タイトル1期 A級21期 一般棋戦優勝9回
2010年5月24日引退(74歳)

引退前3年間の成績
2008年度 7勝16敗 .304
2009年度 8勝17敗 .320
2010年度 1勝2敗 .333

「火の玉流」と呼ばれた名棋士。
活躍により、引退規定を変えたことが話題になりました。
引退直前に予選を3連勝してのNHK杯戦本戦登場は特筆されるべきことです。


どちらかと言えば、燃え尽きるまで指された方が多いという印象を受けました。
「年を取っても勝負師は勝負師」といったところでしょうか。
若手の将棋もいいですが、円熟の境地に達したベテランの将棋も味があっていいですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR