FC2ブログ

第38期棋王戦第4局

挑戦者の渡辺竜王(二冠)が2勝1敗として迎えた第38期棋王戦第4局は、栃木県宇都宮市で行われました。
戦型は角換わり腰掛け銀に。
▲2五歩に対して郷田棋王が△9二香と応じたのが珍しい手のようですね。
渡辺竜王は▲4五歩と仕掛けました。
渡辺竜王が攻める展開に。
角を打ち込んで切り、玉頭攻めを敢行。
郷田棋王も攻めに出て、激しい将棋となりました。

王手馬取りが掛かっても簡単には行かないのがプロの将棋なのですね。

終盤に入って攻める渡辺竜王、受ける郷田棋王の構図に。
いくつか山があったようですが、専門的には88手目の飛車切りで勝負が決まっているのでしょうか。

時間切迫の中タイトル保持者として粘る郷田棋王。
歩で飛車をいじめたり、△3三飛と必死の受けを繰り出したりしました。
ですが、渡辺竜王は着実に寄せの網を絞っていきました。

19時33分、157手まで渡辺竜王の勝ちとなりました。
この結果、渡辺竜王は棋王位を3勝1敗で奪取。
竜王・王将と合わせて史上8人目の三冠となりました。

明日にでも振り返りの記事を載せたいと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR