FC2ブログ

第38期棋王戦第2局

郷田棋王が先勝して迎えた第38期棋王戦第2局が、石川県金沢市で行われました。
戦型は横歩取りとなりました。

△3三角には▲3六飛という固定観念が私にはあるのですが、▲3六歩という「青野流」が出てきているのですね。
指さないこともあり、それが青野流であるということしか分かりませんが。

郷田棋王は△7六飛と横歩を取り、△7四飛と飛車にぶつけて序盤から飛交換の派手な展開になりました。
先後同型、構想力の問われる将棋ですね。
先後同型といえば角換わりのイメージですが…。

郷田棋王は角交換を選択し、飛車角が駒台に乗ることに。
渡辺竜王の▲4六角に郷田棋王は△6四角と合わせ、再び角交換。
▲2四歩が鋭い手でしたか。郷田棋王は△2二歩の辛抱。
2筋の次は7筋へ歩を打ち、終盤戦も見据えていきます。
横歩取りはスリリングですね。
△3五歩▲7四歩△3六歩▲7三歩成と一直線に進み、△同桂に▲7四歩が素人目にも厳しいですね。
郷田棋王は△7二歩と再びの辛抱を選択。

▲7三歩成と桂を取り、△同歩に▲9六角。
「いつ打つか、いつ打つか」の角打ちでしたが、この手が疑問とは…。
続いての▲8五桂がいかにも味良く見えたのですがそうではなかったのですね。

△3七歩成▲7三桂成で終盤戦へ。
△4七との王手に(角の利きがあるのでもちろん取れませんね)初形へ戻る▲5九玉。
△9六角と角交換をして△4一玉の早逃げでしたが、これが疑問。
△4五桂と跳ねるのが正着だったのですね。
▲7四角~▲4七角でと金を抜き、▲3四歩が決め手となりました。
後はさすが竜王の淀みない寄せ。
83手まで、渡辺竜王の勝ちとなりました。

これで五番勝負は1勝1敗のタイとなり、第3局から改めて三番勝負となりました。
本局、終始渡辺竜王が優位に立っていたという感じがリアルタイムで見ていてしたのですが、
実際にはそうではなかったのですね。
2年前の棋王戦、同じく金沢市で行われた第2局を思い出しました。
久保棋王のゴキゲン中飛車に対し超急戦で対抗した渡辺竜王が快勝したのですが、後の研究で後手が途中良かったという…。
いつも書いている気がしますが、将棋は深いですね。

本局を見ていて、横歩取りも面白そうだなと思いました。
メインではありませんが、たまには指してみたいと思います。
かなりの研究が必要で、それでも一気に潰されてしまう気もしますが…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR