FC2ブログ

第62期王将戦第4局

佐藤王将が2連敗から一つ星を戻して迎えた第62期王将戦第4局は栃木県大田原市で行われました。
戦型は佐藤王将の角交換向かい飛車。
角交換四間飛車の場合、飛車は後に2筋へ転じることが多いですが、角交換向かい飛車は直接2筋へ振るので
1手得という考え方なのでしょうか。
佐藤王将は王位戦挑戦者決定リーグとは違い、美濃囲いを選択。
△5二金左で美濃囲いが完成…と思った矢先の△4二金。手待ちでしょうか。
佐藤王将は銀冠へ組み替え、渡辺竜王は▲7六銀~▲7七桂と厚みを持たせます。
3筋の歩交換で佐藤王将が1歩を手にし、仕掛けを見る△6四歩で1日目が終わりました。

2日目、渡辺竜王の封じ手は▲7八玉。△5四角と打たれた時に玉が角筋となるのを避けた手ですかね。
1日目で4一→5二→4二と動いた後手の金が5二へ戻りました。
▲8九飛と玉頭に狙いを定めた手に対して△2五歩。決戦が始まりました。
8九へ動いた先手の飛車は2九へと戻り、2筋の攻防が繰り広げられます。
△3七桂成で飛車を3筋へと動かし、△2五歩から角当たりの▲3五歩に△6七角成と切って捨て△2六歩。
対して渡辺竜王は▲2三歩で飛車を呼び込んでから▲5六角と攻防へ打ちました。
佐藤王将は△2一飛とじっと辛抱します。
渡辺竜王も▲8三角成と切り、飛銀両取りに▲3三角と打ち込みます。
後手が手にした角は5九の地点へ。対して▲3九飛は後手が良くなるようですね。

互いに角を成り合い、▲6四桂の局面がポイントでした。
ここで△5九銀とすれば▲7二飛△9三玉▲5二飛成△6八銀成…と進んでどちらかといえば後手が良かったとの感想戦でのコメント。
本譜は△6二金。ここからは先手良しのコースへ入ったようです。
△6二金は92手目ですが、86手目が指された時点での残り時間は渡辺竜王1時間32分に対し、佐藤王将11分。
佐藤王将は時間が無くなってからも強いという印象がありますが、さすがに読み切れませんでしたか。

とはいえ、難しい終盤戦。1手の緩手で逆転することも当然考えられます。
ですが、さすがは渡辺竜王。▲5七金の強手を繰り出して優勢を築くと▲5八金と決め手を放ちます。
最後は▲8三馬と切り、後手を指し切りました。
119手まで渡辺竜王の勝ちとなり、これで挑戦者から見て3勝1敗。
初の王将位まであと1勝としました。

第2局に続いての向かい飛車から深い読みに裏打ちされた攻防が続き、渡辺竜王が佐藤王将の攻めをしのいで制した1局でした。
難しい将棋でしたが、渡辺竜王の勝因の一つに「勝負所で時間を残していたこと」が挙げられる気がします。
終盤でしっかり読みを入れて勝つ。
時間を残しているといっても、中盤までで悪くなってしまうとあまり意味がありません。
良しまたは互角の形勢で、時間に余裕を持ち終盤を迎えることのどれだけ難しいことか。
これが竜王の強さを作っているのかなと素人目ながら考えています。
もちろん、研究の深さ、終盤の鋭さも強さの大きな要素だと思いますが…。

ただ、プロの将棋は紙一重だなと感じました。
水面下では膨大な量の変化が読まれ、消えていきます。
読みの深さは比べるべくもありませんが、私もせめて3手読めるようになりたいものです。

王将戦でタイトル保持者から見て●●○●というケースを調べてみました。
第1期(木村義-升田)、第29期(加藤一-大山)、第51期(羽生-佐藤康)の3回がヒット。
いずれも挑戦者がシリーズを制しています。
上の星取り以外で、3勝1敗から逆転したケースは第15期(大山-山田)、第31期(大山-中原)、第39期(南-米長)の3回。
第15期・第31期はタイトル保持者、第39期は挑戦者の逆転です。
果たして今回は…。

渡辺竜王は23日に棋王戦第2局を控えています。
例年以上に忙しい2月を送られています。

佐藤王将は後がない状況に追い込まれてしまいましたが、虎の子のタイトルを守れますでしょうか。
第5局は3月6日から行われます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR