FC2ブログ

敗局を振り返る その131

順位戦も最終局前の対局が次々と行われていますね。
私が着目したのはC級1組。
内藤九段の降級、桐山九段・加藤九段・脇八段の降級点が決まるという風にベテランにとって厳しい結果となっています。
森九段もギリギリのラインです。
私が最近少しずつ棋譜並べをしているのは第46期のA級順位戦なのですが、メンバーは(中原名人、)米長九段、
谷川王位、桐山棋聖、大山十五世名人、森九段、南八段、加藤一九段、有吉九段、内藤九段、青野八段でした。
四半世紀の時が流れ、大きく様変わりしたと感じます。

さて、本日の更新は「敗局を振り返る」です。
















辛抱強く指すことはまあまあできたとは思うのですが、
一手バッタリの手が出てしまうのが本局の課題でした。
時間がなくとも、本筋(またはそれに近い手)を指せるように鍛練を重ねたいものです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR