FC2ブログ

第38期棋王戦第1局

長野県長野市で行われた第38期棋王戦第1局。
4棋戦連続の登場となる渡辺竜王の挑戦を郷田棋王が退けられるかの五番勝負ですね。
振り駒の結果、郷田棋王の先手に。
戦型は相掛かりとなりました。

私にとっては角換わりと並んでよく分からない戦法です…。

角を交換しながら駒組みが続きます。
互いに交換した角を打ち、▲2五歩で郷田棋王が決戦に…。
と思いきや▲6七金右。解説が仰るように、格調高く感じます。棋風が出ていますね。
対する渡辺竜王は端攻めを敢行。
▲8三桂に△7三桂打。うーむ、良く分かりません。
9筋の攻防が繰り広げられ、▲9七歩に飛車を一つ引く△9四飛。さっぱりです。

4筋、2筋、1筋と歩を捨てて▲4五歩と打つ郷田棋王。対して渡辺竜王は攻めに出る△6六桂。
取らずに▲4四歩。攻め合いとなりました。
銀を狙って△8五桂に郷田棋王は▲9六香。予想されていない手が出ました。
香を殺す△9五歩で渡辺竜王は手番を渡します。
▲4三歩成△9六歩▲3三と△同金に▲6六金。見ごたえのある終盤戦です。
竜王の受けの手△4一香が出ましたが味良く▲4五桂と打ち、△3二金に▲9六歩と手を戻す郷田棋王。
▲8六銀の受けも出て、形作りの△7七同桂成に▲3三金で即詰みに。
125手まで郷田棋王が激戦を制しました。

第1局はタイトル保持者の郷田棋王が制しました。
悲願の初防衛に向けて一歩前進といったところでしょうか。

渡辺竜王は絶好調でしたが、順位戦の逆転負けが…と言われてしまうのが辛いところですね。
王座戦で初の失冠を経験されましたが竜王戦では危なげなく防衛というように、
あまり前の将棋を引きずらないように思いますが。
思えば、2年前の棋王戦も第1局は後手で敗れ、第2局は先手で勝っておられました。
第2局は渡辺竜王が先手、どうなりますか。


上でも少しだけ触れましたがA級順位戦、注目の対局は終盤のドラマの末羽生三冠が渡辺竜王を破って7勝目。
挑戦に大きく近づきました。
最終戦で羽生三冠が敗れ、かつ三浦八段が勝った場合のみ2者によるプレーオフですね。
残留争いは谷川九段、高橋九段、橋本八段、深浦九段の4人。
3月1日の「一番長い日」が楽しみです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR