FC2ブログ

加藤九段少年時代の記事

大ベテランの加藤九段がプロになる前に書かれた記事を載せたいと思います。
近代将棋2006年9月号付録「王将」1954年2月号の「九州棋談を語る」より一部抜粋します。

<福岡県>
前略
最後、特にあげておきたいのは鞍手の加藤一二三少年です。皆さんご承知の通り南口繁一八段の門に入り関西奨励会で優秀な成績をあげ現在二段、C級二組へ編入されるのも近いといわれております。升田八段が未来の名人だと折紙をつけられておるそうで、京都新聞主催の将棋で升田八段と角落を指し見事な勝利をみせてくれたのは大いに心強く、…

少年の頃から福岡県では有名な存在だったのですね。加藤九段はこの年(1954年)の8月に四段昇段、順位戦では毎年昇級を続け18歳でA級に上がり、20歳で大山名人に挑戦したのはご存知だと思います。名人位を取るのには苦労し、42歳で悲願を達成。71歳の今も現役ですからね…。息の長さを感じます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR