FC2ブログ

第60回NHK杯将棋トーナメント準決勝第2局

あらかじめお断りしておきますが、私は初心者同然の棋力の為、非常に拙い記事であることをご了承下さい。
順位戦はA級、竜王戦は1組の強豪丸山九段と順位戦でC級1組への昇級を決め、NHK杯戦昨年準優勝の糸谷五段の対戦となりました。先手が糸谷五段、後手が丸山九段です。
糸谷五段の対局前インタビューが凄かったです。「昨年のリベンジの舞台に立てるように頑張りたい」ストレートですね。
将棋は金を上げるタイミングが異なるもののお互いに飛車先の歩を切る展開となりました。
△8六歩▲同歩△同飛の局面で糸谷五段は3分程考え横歩を取らず飛車を自陣深く引きました。それに対して丸山九段も同様に考えてこちらは横歩を取りました。解説では、「早指しの糸谷五段にしては考えていますね」との声。
糸谷五段はその後角交換を選択。私が見たことのない展開となりました。解説の谷川九段も「実戦例はあまり…」と仰っていました。その後後手の飛車が窮屈になったように見え、指し手に意表を突かれたせいか丸山九段の持ち時間が減っていきました。
そして糸谷五段が飛車を取り、2筋に飛車の二段ロケットを発射。素人目に「これは投了するのでは」と映った局面で本当に丸山九段の投了となりました。放送時間を45分程残していました。わずか39手!聞き間違いかと思いましたが確かなようですね。残りの考慮時間は丸山九段が1分に対して糸谷五段は9分も残していました。
いや、あまりの強さに驚きました。これで糸谷五段は昨年に続いての決勝進出、2年連続で羽生NHK杯との対戦となりました。
今日の対局、私にはちょっと理解できないものでした。少しでも理解できるようになりたいものです。最後は大差に思えましたが実際はどうだったのでしょうか。糸谷五段が怪物と呼ばれるのもうなずけました。しっかり感想戦を行った丸山九段も素晴らしいですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR