FC2ブログ

第60期王座戦第4局

挑戦者の羽生二冠が2勝1敗、あと1勝で奪取という状況で迎えた第60期王座戦の第4局。
対局場は神奈川県秦野市、タイトル戦でお馴染みの旅館「陣屋」でした。

個人的には、渡辺二冠が先手ということもあり、第5局にもつれ込む可能性がどちらかといえば高い気がしていました、

▲7六歩に対し飛車が8筋から消えたのには驚きました。
羽生二冠が選択した戦型は2手目△3二飛。第2局に続いての振り飛車です。
4手目△4二銀は佐藤新手と呼ばれるものですね。

いきなり先手が仕掛ける展開もあったようですが、渡辺二冠はじっくりした展開を選択。
囲いは先手左美濃、後手美濃となりました。
対振り飛車の左美濃といいますと私は清水女流六段のイメージがありますが、男性プロでも愛好される方はいるのでしょうか…。
現代の将棋とは一風違ったクラシックな展開に。

先手は玉頭を厚くし、後手は中央で攻めます。
△6四金打とは手厚いですね、私には指せません。
後手は7筋を取り、△7二飛と袖飛車に構えました。これにもびっくりでした。
この局面で夕食休憩に。

再開後は▲6六銀△同歩▲4三角と、比較的シンプルな順に進みました。
後手は△3三桂から△4五桂と桂馬を繰り出します。
先手は角に続いて飛車を切り、馬を作って勝負の構え。
攻める羽生二冠に対し、渡辺二冠も▲6三金と打って攻め合いになりました。
△6八銀も考えられた局面でしたが△4六角。渡辺二冠は▲8九金打と手厚く受けます。
この辺りでは後手の羽生二冠が良さそうと言われていた気がします。
馬取りの△6九桂成に対して7二の地点で清算しての▲6九金。
飛車を逃げる△2九飛成に▲6一銀とひっかけ、白熱の終盤戦となりました。
△7六桂の王手に▲9七玉と上がって意外に後続がなさそうで、逆転で先手が勝ちそうに思えましたが…。

△6六銀というタダ捨ての手が飛び出しました。意味が分かりませんでしたが、詰めろ逃れの詰めろ。
以下、千日手のコースへ。
22時9分、実に142手をもって千日手が成立しました。

渡辺二冠が勝ち、第5局があるかと思いながら観戦していると、△6六銀で引き分けとは驚きました。
即日指し直しで、体力勝負だろうかと思いましたね…。


30分の休憩を経て、22時39分に指し直し局が始まりました。
先後入れ替わり、羽生二冠が先手です。

今度は矢倉に進みました。
第1局・第3局で指された急戦矢倉かと思いましたが、がっちりとした相矢倉に。

矢倉は指さないのでよく分かりませんが、▲3八飛の辺りで△7三角と引かない手段もあるのですね。

矢倉に多く見られる、先手の攻め、後手の受けという展開に。
駒損ながら攻め続ける羽生二冠。

角交換から渡辺二冠は△2七角と飛車取りに打ち込みますが、羽生二冠は▲3三歩と利かしました。
△同金に▲1二歩成。△3二玉と逃げるのでは先手が良いのかなと何となく思いました。

飛車を逃げずに攻める羽生二冠。もちろん渡辺二冠も簡単には崩れません。
飛車を取り、じっと△2八馬。飛車角交換に持ち込み、自陣馬で形勢は分からなくなりました。

終盤、駒を補充する羽生二冠に対し、△6九銀~△4八飛と攻め、玉を早逃げする渡辺二冠。
金1枚、銀3枚が駒台に乗る羽生二冠は、自陣に銀2枚を投入して銀矢倉をリフォームしました。
3二に打った金が6三まで到達、角と交換しました。
あまりにも堅い先手陣。後手陣を崩すのみとなりました。
渡辺二冠は△7三金~△7二金打と抵抗しますが、最後は羽生二冠が的確に寄せ切りました。
2時2分、147手まで羽生二冠の勝ちとなりました。

この結果、羽生二冠が3勝1敗として昨年失った王座のタイトルを奪還しました。
渡辺二冠は初の失冠となりました。

私の棋力ではどの手が良かったり悪かったりしたのかが十分には分からないので、観戦記が見たいものです。
後日、第60期王座戦を振り返りたいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR