FC2ブログ

第60期王座戦第3局

1勝1敗で迎えた第60期王座戦の第3局。
五番勝負の本棋戦では、第3局を勝利するというのは獲得まであと1勝とすることで、特に重要と言えそうです。
対局場は岩手県盛岡市。
戦型は第1局に続き急戦矢倉となりました。

先に手を変えたのは渡辺二冠。歩交換の後、飛車を引く位置を第1局の8五から8二へ。
その後、渡辺二冠は雁木に囲いました。

銀桂交換に。渡辺二冠が駒得しましたが、形勢としては難しかったようです。

△3三桂に対して▲1六桂と攻める姿勢を見せて羽生二冠は玉を入城。

羽生二冠の攻め、渡辺二冠は受けて反撃という展開に。

夕食休憩時には千日手も考えられていたようですが、起こりませんでした。
ここでは、素人目には先手が良さそうに見えました。

休憩明けの手は▲9五金。手厚さを感じました。

最終盤は互いに指し手が早く、読み切っていたようでした。
渡辺二冠は猛然と攻めましたが、羽生二冠の玉は上部に逃げて捕まりません。
99手まで羽生二冠の勝ちとなりました。

消費時間が渡辺二冠が22分、羽生二冠が51分残しており、プロ間では比較的早くに形勢が傾いたのかなと思いました。
感想戦の検討は夕食休憩時より少し前の局面で打ち切られたようです。

これで羽生二冠は王座奪還にあと1勝としました。
20期目の王座位となれば単一タイトル獲得数最多タイですね(ちなみに大山十五世名人の王将位)。
ただ、渡辺二冠がすんなりとタイトルを手放すとは思えません。
第4局は先手ということもあり、かなりの気合で勝ちに来られるでしょう。
素晴らしい対局になりますように…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR