FC2ブログ

第53期王位戦第5局

羽生二冠の3勝1敗で迎えた第53期王位戦第5局は、徳島県徳島市で行われました。
先手羽生二冠。後手藤井九段。
4手目に△4四歩と角道を止めた藤井九段。戦型は自らの名を冠す藤井システム対急戦となりました。
第1局指し直し局以来の登場となりました。
21手目の棋譜コメント「羽生は先手を持って2勝、後手の四間飛車側を持っても2勝。藤井は後手3局で1勝2敗」に苦笑いしてしまいました。

羽生二冠は23手目で▲3五歩と踏み込みました。
角交換から互いに飛車先の歩を突き捨てて迎えた37手目、羽生二冠は▲1六角の新手を放ちました。
ここで次の手を藤井九段が封じ、1日目は終わりました。
2日目。封じ手は△2五歩、予想されていた手でした。
攻める藤井九段、受ける羽生二冠という展開に。
手の善悪は分かりませんが二度の玉の早逃げは、私が指されたら頭がおかしくなりそうです。
先手優勢で進み最後は▲5三龍から見事、後手玉を即詰みに討ち取りました。
なおどうでもよいことですが、88手目の棋譜コメント「せつない美濃囲いになってしまった」の太字の部分を、なぜか♪せーつーなーい美濃囲いーとメロディをつけてしまいました…。
95手まで、羽生二冠の勝ちとなりました。

一局を振り返ると、▲1六角から先手の模様が良かったということになるのでしょうか。
終盤形勢接近という空気もあったようですが押し切りました。

8月23日。
木枯らしの季節はまだまだ先ですが全ての高校球児の夏が終わったこの日、第53期の王位戦も終わりを告げました…。
羽生二冠が4勝1敗で防衛。
角交換振り飛車が主体、サブで藤井システムとなりました。
第4局で藤井九段優勢の将棋が逆転したのが大きかったでしょうか。
振り飛車党として、結果は残念でしたが面白い勝負だったと思います…。
タイトル戦でいつも相居飛車では食傷気味の気がするので。

羽生二冠はこれで王位戦は14期、通算タイトル数は82期となりました。
来週からは渡辺二冠に挑戦する王座戦が始まります。21期連続登場となる棋戦でどのような将棋を見せるか楽しみです。

藤井九段、今期の他棋戦挑戦の可能性はないようですね。
竜王戦では1組に復帰、順位戦でも好成績をあげて、B級1組復帰としたいところでしょうか。
そう遠くない内に、大舞台でまた華麗な振り飛車が見られんことを…。

最後に今年度注目の棋士の成績です(8月23日現在)。

渡辺二冠 7勝4敗 .636
森内名人 8勝5敗 .615
羽生二冠 24勝7敗 .774
郷田棋王 7勝6敗 .539
佐藤康王将 12勝2敗 .857
谷川九段 2勝5敗 .286
久保九段 5勝5敗 .500
広瀬七段 10勝6敗 .625
戸辺六段 7勝7敗 .500
豊島七段 12勝7敗 .632
佐藤天七段 12勝4敗 .750
中村太六段 13勝10敗 .565
糸谷五段 14勝3敗 .824
菅井五段 7勝5敗 .583
阿部光四段 3勝5敗 .375
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR