FC2ブログ

第53期王位戦第4局

羽生二冠の2勝1敗で迎えた第53期王位戦第4局は、兵庫県神戸市で行われました。
先手藤井九段、後手羽生二冠。戦型は角交換振り飛車となりました。
2日目。
△5六歩から本格的な戦いになりました。
▲8六歩~▲8五歩、そして角を成る藤井九段。
その馬を自陣に引きつけ厚い構えを見せます。
対して攻め立てる羽生二冠ですが検討陣は先手持ちの雰囲気。
藤井九段も▲7一飛から反撃し、攻め合いに。
大駒の交換によって4枚中3枚が駒台に乗りました。
▲5二香成の局面では先手が良いように見えました。

そして切った貼ったの難解な終盤戦に突入。
個人的には、終盤のねじり合いには心惹かれるものがあります。
自分が指していてそういう将棋になると、寿命が縮みそうですが…。

▲1八玉の早逃げ、そして▲3八角成~▲3九香と自陣の強化を図る藤井九段に対し、羽生二冠も△3三金~△4二金打と固めます。
▲5二角成に対して△3二金とした時点で後手陣の堅さが際立ったようです。
△3八金を見て藤井九段が投了。112手まで羽生二冠の勝ちとなりました。

終盤、どの手が勝敗を分けたのか分からない熱戦となりました。
指せると言われていた藤井九段にとってはこの敗戦、痛恨だったかもしれません。
双方が持ち時間の少ない状態だと、羽生二冠の方が有利なのだうかという感想を抱きました。

羽生二冠はこれで3勝1敗、防衛まで1勝としました。
次局は羽生二冠が先手、対羽生二冠の後手成績が芳しくない(2勝20敗)藤井九段にとっては厳しい対局になりそうです…。


蛇足ですが、羽生二冠は1200勝まで残り2勝。いわゆる「羽生世代」である棋士の通算勝数(8月9日まで)を調べてみると、

佐藤康王将 896勝
森内名人 816勝
丸山九段 733勝
郷田棋王 719勝
先崎八段 593勝
藤井九段 522勝

という結果が出ました。言わずもがなの強豪揃いですが、比べてみると抜けていますね…。
羽生二冠より通算勝数が多い棋士は大山十五世名人、中原十六世名人、加藤九段、谷川九段の4名。
いずれ並び、越えていくのでしょうか。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR