FC2ブログ

第53期王位戦第2局

第53期王位戦第2局が北海道函館市で昨日・本日と行われました。
住んでいたこともあり、懐かしい響きがします…。
藤井九段の作戦は角道を開けた四間飛車。△4二玉の瞬間に角交換かと思いましたがありませんでした。
そして美濃囲いを明示。穴熊囲いの印象が強く、あまり見慣れない気がしました。
その後19手目でようやく角交換に踏み切りました。

封じ手は37手目、▲9二歩でした。本命とされていた手ですね。

2日目の早い時点で藤井九段指しやすいという評判が出て、終局まで変わることはありませんでした。

2日目は羽生二冠の攻め、藤井九段の受けという展開。藤井九段が丁寧な指し回しで受け切ったようでした。
相手に攻めさせてカウンターを狙う、いかにも振り飛車です。

午後5時を過ぎ、藤井九段の方が持ち時間が多い展開。
藤井九段良しとの声が高まりました。

77手目の▲8三とで満を持して攻めに転じた藤井九段。形勢には差があるように思えました。
80手目△6三銀の地点で残り時間は羽生二冠32分に対し47分。
と金が動き、飛車を打ち下ろす。良い形です…。

藤井九段勝ちの雰囲気漂う午後6時。ですが将棋は最後まで分かりません。
終盤での逆転はプロ将棋でも日常茶飯事ですから…。

ただ、本局の藤井九段は緩むことがありませんでした。
115手まで藤井九段の勝ち。残り時間は羽生二冠3分、藤井九段13分でした。

一局を振り返って、素人目には藤井九段の快勝に見えました。指し回しが冴えたということでしょう。
もしかすると、1日目の時点でリードを奪ったのかもしれません。
逆に、羽生二冠の手に精彩があまりなかったとも言えますか…。

これで七番勝負は1勝1敗、面白くなってきました。
藤井九段は6年振りに羽生二冠に勝利、連敗を11で止めました。
6年前の対局は第24回朝日オープン五番勝負第2局、向かい飛車対引き角ですか…。
ちなみに羽生二冠の公式戦連勝は10でストップとなりました。
第3局は長崎。本局と同じく、角交換振り飛車が有力でしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR