FC2ブログ

第70期名人戦第4局・第23期女流王位戦第3局

静岡県静岡市の浮月楼で行われた第70期名人戦第4局は相矢倉、143手まで羽生二冠が制し2勝2敗のタイに。第5局からの三番勝負となりました。第6局までは確定ですね。

私は第3局の観戦が集中したことにより終局後疲れてしまったので、本局は少し客観的に観戦しました。途中からですが。

がっちりとした相矢倉、またしても振り飛車党の私は門外漢です…。矢倉に興味はありますけれども。
58手目△2四歩が新手なのですね。63手目を羽生二冠が封じて2日目に入りました。

羽生二冠の攻め、森内名人の受けという展開になりました。
結果的には、2日目は終始羽生二冠が優位に進めていたようですね。

個人的には、106手目△3三銀から▲同銀成△同金▲4四銀は攻めが続くのだろうかと考えていましたが、棋譜コメントを見る限り続いていたようですね。

終盤、「これで寄っているのだろうか…(例えば117手目▲8三金、137手目▲3五桂)」と思うこともありましたが、しっかりと後手玉を討ち取りました。
時間を残して手を進めておられたので、応手ももちろん読み筋に入っていたのでしょう。やはり異次元です。
敗れた森内名人も持ち味を発揮、112手目△4五歩、114手目△3五桂左は「ほー…」と思いました。
私でしたら終盤戦、どちらも持っても間違いなく負けます。

なかなか控室の予想が当たらない将棋だった気がします。
さて、先手番が勝つという傾向は続きました。約1週間後の第5局はどうなりますか。
第3局についての記事に「そろそろ横歩取りが来るのでしょうか」と書き華麗に外してしまいましたが、第5局の戦型予想も再び横歩取りにしようかなと思います。


名人戦ではありませんが、忘れてはならないのが第23期女流王位戦。第3局は挑戦者の里見女流三冠が120手まで甲斐女流王位を下し、3勝0敗で奪取となりました。
こちらの戦型は相振り飛車で、私でも親近感が持てます。
中盤以降里見女流三冠が押していったという感じでしょうか。
これでタイトル戦登場10回で獲得タイトル数は10期。タイトル戦では挑戦者として登場したものは全て奪取し、タイトル保持者として登場したものは全て防衛ということで、
凄い以外の言葉が見つかりません。
これで里見さんは女流四冠、清水女流六段に続いて2人目ですか。ちなみにその時は女流タイトル数は4、全冠制覇ということでいやはやこれも凄いです。
奨励会と女流棋戦をうまく両立させてもらいたいものです…。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【第70期名人戦第4局・第23期女流王位戦第3局】

静岡県静岡市の浮月楼で行われた第70期名人戦第4局は相矢倉、143手まで羽生二冠が制し2勝2敗のタイに。第5局からの三番勝負となりました。第6局までは確定ですね。私は第3局の観戦が集

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR