FC2ブログ

第61期王将戦終了後の雑考

佐藤康九段が4勝1敗で七番勝負を制し、王将位には10期振りの復位、3年振りのタイトル保持となりました。
個人的には無冠は似合わないと思うので良かったです。
しかし前の記事にも書きましたが、久保二冠はA級陥落、王将失冠と苦しい冬ですね。棋王戦も1勝2敗と追い込まれていますし…。
王将戦、ゴキゲン中飛車では勝つことができませんでした。

現在の将棋界、羽生・渡辺の二強という気がしますがタイトルを見ると7つを5人で持つという戦国時代ですね。
そういえば3月7日には羽生二冠が竜王戦で橋本八段に、渡辺二冠が棋聖戦で深浦九段にそれぞれ敗れるということもありました。
勝率7割、8割にはわずかに届かず2011年度を終えそうです。最優秀棋士賞はどちらの手に渡りますでしょうか。
中村太五段の勝率が.841と凄いことになっています。

B級2組順位戦、昇級は広瀬七段が全勝で1期抜け、自力だった飯塚七段が勝って8勝2敗で決めました。
広瀬七段にはもう「若手」という言葉は似合いませんね…。
飯塚七段は佐藤康新王将と学年が同じ、昭和57年組とも言えるのでしょうか。
一方降級点は田中寅九段、桐山九段、神谷七段、青野九段とベテランの名前が並びました。
実績があっても場合によっては淘汰される厳しい世界です…。

1週間も前の話ですがA級順位戦最終局が行われ、羽生二冠が史上3人目の全勝を達成、降級は丸山九段・久保二冠に決定。
この2人の対局が最後まで残り、ゴキゲン中飛車対超速から相穴熊の対局を午前1時過ぎまで繰り広げていたのには何とも言えない気持ちになりました。
高橋九段は順位の関係で残留、ベテランが残るのも面白いですね。
羽生・渡辺両二冠は強かったの一言です。

最後に注目棋士の今年度成績です(2012年3月9日時点)。

羽生二冠 44勝19敗 .698
渡辺二冠 39勝11敗 .780
森内名人 10勝19敗 .345
久保二冠 21勝23敗 .477
谷川九段 10勝17敗 .370
佐藤康九段 22勝21敗 .512
広瀬七段 31勝17敗 .646
戸辺六段 24勝14敗 .632
豊島六段 40勝14敗 .741
佐藤天六段 23勝10敗 .697
村山五段 23勝20敗 .535
糸谷五段 33勝19敗 .635
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

久しぶりにコメント致します。
森内名人が絶不調である事は知っていましたが
谷川9段も不調だったんですね・・・・
順位戦は例年スタートダッシュが成功してるだけに、少し残念に思います。
やはり連盟の専務理事としての職務が多忙なんでしょうかね?

個人的にはプロ棋士で一番好きな森内名人が
そろそろ始まる名人戦7番勝負をきっかけに
復調される事を心から願っております。

カンノさんへ

コメントありがとうございます。

私が最初に将棋に興味を持った頃は、谷川九段は全盛期ではありませんがタイトルホルダーでしたので、現況は寂しいです。
専務理事職の多忙は影響していると思いますが、何とかもうひと花をという気持ちです。
森内名人はなぜ負け続きなのか不思議です。そろそろ復調されると思うのですが…。
「私は『名人は選ばれた人間がなる』という伝統的な考え方が好きではありません。皆に平等にチャンスがあるものだと思っていますし、自分もまた挑戦し続ける気持ちでやっていきたいと思います。」という言葉には感銘を受けました。
プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR