FC2ブログ

ふと思ったプロ棋士のことなど…。

久保二冠対佐藤康九段の王将戦は来年1月8日に開幕ですか。
久保二冠は5連敗中だったA級順位戦で郷田九段から初勝利を挙げました。復調しているでしょうか。
一方の佐藤九段は調子が良さようです。王将戦リーグのプレーオフで豊島六段を破り、A級順位戦では千日手指し直しで持ち時間が少なくなりながらも丸山九段を倒しています。
対抗型の戦いが見られるでしょうかね。

棋王戦は郷田九段と広瀬七段が挑戦権を懸けていますね。
A級順位戦は3局を残し挑戦者争いは全勝の羽生二冠を1敗の谷川九段、2敗の渡辺二冠が追う展開、残留争いは難しくなっています。

個人成績に目を移すと森内名人の勝率が不思議なことになっていますね…。10勝18敗 .357とは信じられません。
意地悪な見方をすると名人戦を除いた場合6勝15敗ですか。
先日の朝日杯将棋オープン戦でも新鋭阿部光四段に敗れてしまいました。棋譜を対局後に見ると、先手の名人が四間飛車にしていたので思わず「おお」と声を上げましたが、結果は残念でした。10連敗だそうで、あれほどの人でも調子の悪さに苦しむことがあるのでしょうね…。ただいずれ本来の姿を取り戻すのは間違いなさそうです。
しかし阿部四段は朝日杯で三浦八段、丸山九段、森内名人とA級以上の棋士を3人も破ったというのは素晴らしいです。羽生二冠には勝てませんでしたが17歳、これからですね。

渡辺二冠の勝率8割は驚愕の一言です。上に行くほど高勝率は難しいはずですが…。
来年さらに活躍するようですと、「渡辺時代」という声も大きくなってくるかもしれませんね。
ちなみに勝数32、勝率.800はともに2位のようです。勝数1位は羽生二冠で35、勝率1位は中村太五段で.824となっています。

2011年度も残り3ヶ月。王将戦、棋王戦、順位戦、NHK杯戦、朝日杯将棋オープン戦などから目が離せなさそうです。
ボンクラーズ対米長永世棋聖の電王戦もありますし。

最後に注目棋士の今年度成績です(2011年終了時点)。

羽生二冠 35勝18敗 .660
渡辺二冠 32勝8敗 .800
森内名人 10勝18敗 .357
久保二冠 15勝13敗 .536
谷川九段 10勝11敗 .476
佐藤康九段 16勝14敗 .533
広瀬七段 25勝12敗 .676
戸辺六段 15勝12敗 .556
豊島六段 31勝13敗 .705
佐藤天六段 18勝9敗 .667
村山五段 18勝15敗 .546
糸谷五段 26勝15敗 .634
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR