スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名棋士達の引き際 その3

前回書くことができなかった5人を紹介します。

続きを読む

スポンサーサイト

名棋士達の引き際 その2

2回に分け、10名の棋士について引退順に紹介していきたいと思います。

続きを読む

名棋士達の引き際 その1

どんな棋士にも引退の時は来ます。
栄光を築くのは難しいですが、衰えの中でどのように引き際を選ぶかというのもまた難しいでしょう。
衰えを感じると退くか、燃え尽きるまで指し続けるか…。

続きを読む

第71期名人戦第2局

第70期名人戦まで、森内名人の登場は10回・獲得は7期。羽生三冠の登場は12回・獲得は7期。
森内名人の3回の敗退はいずれも羽生三冠に対して、羽生三冠の5回の敗退中4回は森内名人に対するもの(残り1回は谷川九段に対して)。
二人の名人戦におけるパフォーマンスの高さを物語っていると言えそうです。

続きを読む

雑記

昨日将棋倶楽部24で1週間振りに指したのですが負け(敗局を振り返る その139)。
「振り返れば12級がいる」という状態です。
「成長がないなあ…」とがっくりするのは簡単なのですが、ここは目先を変えて今までの戦績を見ることにしました。
以前も記事にしましたが…。

R469 179勝156敗 勝率.534

1年前とレーティングは変わっていないと思っていたのですが、当時は300台後半でした。
少しは強くなっているのかな、と思いを新たにしたのでした。

敗局を振り返る その139

第2回電王戦が終わりました。
予想は見事に外れ…。後日記事にしてみたいと思います。

今日の更新は久しぶりの「敗局を振り返る」です。
















相変わらず手が伸びていないと感じました。
後は、将棋体力の無さですね。粘り強くささないと棋力の向上は見込めません。
最近、同じくらいのレーティングでその300を更新したりするのだろうかと思いぞっとしましたが、
少しずつ前に進んでいきたいです。

ちょっと反省

4月に入ってから将棋倶楽部24で1局しか指していないことに気が付きました。
忙しいためですが、ブログの記事を書いているように将棋から離れているわけではありません。
もうすぐ落ち着きそうなので、徐々に対局数を増やしていこうかなと考えています。

「凌ぎの手筋200」と浅川浩氏の編集本の数々

書店で、ふと「凌ぎの手筋200」を見掛けました。
復刊を待ち望まれていた金子タカシ氏の名著です。
私が読むのにはまだ早いとは頭で分かっていながらも衝動買い。
できるだけ、積読期間を短くするように頑張らねばと思っています。

続きを読む

プロ棋士実戦集(百番指し・名局集)

プロ棋士の実戦集は、「永世竜王への軌跡」「久保振り飛車実戦集」「広瀬流四間飛車穴熊勝局集」などが
出版されていますが、今回の記事では百番指しと名局集に対象を絞って取り上げてみたいと思います。

続きを読む

第71期名人戦第1局

3期連続8度目となった森内名人-羽生三冠の名人戦。
第1局は今年も東京都文京区。
振り駒の結果、羽生三冠の先手となりました。
初手は▲2六歩。△8四歩と応じて相掛かりとなりました。

続きを読む

第40回将棋大賞

3月26日の記事で少しだけ書きましたが、4月1日に決定しましたね。

続きを読む

プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。