スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村太地六段のことなど

中村太地五段が4月26日に行われた棋聖戦挑戦者決定戦で深浦九段に勝利。
羽生棋聖への挑戦を決め、規定により六段昇段となりました。
横歩取りはよく分かりませんが、素人目には差が付いた将棋だったように見えました。
とんでもなく強いということは十二分に伝わりました。

棋聖戦は最近稲葉五段や佐藤天七段があと1勝で挑戦という所までこぎつけていましたが、ついに若手の挑戦ですね。

米長永世棋聖門下の23歳。2006年4月に四段プロデビューですから7年目ですね。
学業も優秀、顔立ちも整っており非の打ちようがなさそうです。
記憶に新しいのは何といっても昨年度の勝率.851(40勝7敗)です。
昭和42年度の中原五段.855に次ぐ歴代2位の快記録となりました。
順位戦も10戦全勝でC級1組へ昇級。大きく花開いた一年でした。
失礼ながらここまでの活躍を見せるとは全く思っていませんでした…。
ちなみに詰将棋も得意のようで、昨年行われた第8回詰将棋解答選手権では東京会場で2位に入っています。
広瀬七段などを抑えていますね。

話は外れますが中村姓の男性プロ棋士は他に中村修九段、中村亮介五段(妹は桃子女流初段)がいらっしゃいます。
中村修九段のタイトル戦に少しスポットを当ててみたいと思います。
55年組の1人、愛称は「受ける青春」。
2度米長棋聖に挑戦し敗退してしまいましたが…。
3度目のタイトル挑戦、第35期王将戦で中原王将(名人を含む三冠)から4勝2敗1千日手で奪取。
当時の棋界第一人者の中原三冠からということでインパクトは大きかったと思われます。

王将戦時の年齢は中原王将が38歳、中村六段が23歳と15歳差。
棋聖戦開幕時の年齢は羽生二冠が41歳、中村六段(紛らわしいですね^^;)が24歳と17歳差。
年齢が離れてのタイトル戦、どちらかと言えば年上の側にやりにくさがあるかもしれません。

最後に棋聖位について書きます。
羽生二冠が達成した七冠の内、最初に失ったのが棋聖でした(相手は三浦八段)。
屋敷九段がタイトル挑戦、タイトル獲得の最年少記録を打ち立てたのも棋聖。
米長永世棋聖が持つ唯一の永世称号も棋聖。
私の印象が最も強い棋聖は6連覇した佐藤康王将です。

タイトル通算80期(棋聖10期)の第一人者対現在最も勢いに乗る若手、五番勝負が非常に楽しみです。
スポンサーサイト

第36期A級順位戦と1976年度将棋大賞

私の中では最近、新聞の縮刷版を見ることが流行りです。
今とは違う時代の空気のようなものを感じられて、非常に面白いです。
意外な発見も多いですね。

さて、もちろんでもないですが将棋欄も見ています。
特に理由はありませんが現在は第36期A級順位戦。中原名人時代です。
正確には名人戦挑戦者決定リーグ戦ですがここではA級順位戦とさせて頂きます。
メンバーは米長八段・大山棋聖・有吉八段・二上九段・升田九段(休場)・板谷八段・加藤一九段・桐山八段・勝浦八段・森八段の10名。
今ですと故人が3名、引退が4(中原名人を含めれば5)名、現役が3名ですね。
結果は新A級森八段が挑戦、有吉八段が降級となりました。
全体的に長手数でねじり合いが多いという感じでしょうか。
角道を止める中飛車が多く用いられています。
現在名人戦を戦っている2人の師匠、二上-勝浦戦もあります。
同門だとは知りませんでした…。

将棋欄内にはコラムがあり、そこに1976年度将棋大賞の結果が書いてありました。
それも載せたいと思います。

将棋大賞 中原名人・王将
殊勲賞 森八段
技能賞 加藤棋王
敢闘賞 真部五段
新人賞 田中寅四段
最多対局 米長八段 62
最多勝 加藤棋王 42
最高勝率 森八段 .745
最多連勝 大山十五世名人・加藤棋王・森八段・坪内五段・田中寅四段 10

という結果でした。
ちなみに1976年度というのは、谷川九段が四段になられた頃のことです。
コラムには谷川君と書いてあり、時代を感じます…。

第39回(2011年度)将棋大賞

棋聖戦は中村太地五段が挑戦者に決まりました。
女流王位戦第1局は挑戦者の里見女流三冠が先勝。


4月も残り1週間を切り、今更この話題かという感じがあるかもしれませんが、今回は将棋大賞について少し書いてみたいと思います。
賞の一覧です。

続きを読む

恥ずかしい棋譜 その85

名人戦第2局は25日17時45分現在、終盤の入り口といったところでしょうか。
角換わり腰掛け銀、形勢は私には判断が付きかねます…。

私の方は、最近あまり指せていませんが、たまに対局するとほとんど負けてしまいます。
どうも終盤の逆転負けが多いようです。
レーティングは下がる一方、13級への陥落が見えてきました。こういう時もありますね。
さて、本日掲載するのは約1か月前の棋譜です。
















相手の方の玉にするすると逃げられてしまいました。しっかり寄せる訓練も必要です。

恥ずかしい棋譜 その84

北海道から移住した宮城県では先日桜の開花が発表されました。これから見頃を迎えます。

本日は冬眠明けのレーティング対局を掲載したいと思います。
冬眠前の最後の棋譜(その83)に続き、サークルメンバーのたかぎさんに挑戦いたしました。
















元から実力は私より上でしたが、これほど差がついたか…というのが正直な感想です。
勝てる気がしませんでした。
とはいえ悔しいですので、静かにリベンジの機会を窺いたいと思います…。

恥ずかしい棋譜番外編 その2

前回の記事に続き、サークルメンバー(正確にはOB)のうどんさんとの対局を載せたいと思います。

3連敗の後2つ勝たせて頂いての対局となりました。
















冬眠中の対うどんさんの成績は私から見て●●●○○●○●でした。
相変わらず芳しくありません。五分にできる日は来るのでしょうか^^;

恥ずかしい棋譜番外編

環境の変化もひとまず落ち着きました。
本日から月末にかけて、更新頻度を増やしていきたいと思います。

さて、恥ずかしい棋譜に番外編を設けました。
これまでレーティング対局の棋譜を取り上げてきましたが、フリー対局の棋譜を番外編として、時系列順にこだわらず載せていきたいと思います。
今回と次回の棋譜はその83とその84の間のものですが…。

今まで幾度となくご登場いただいたサークルメンバーのうどんさんとのものです。
棋譜コメント欄にも書きましたが、昨年11月以来冬眠しており、その中での棋譜ですので厳しい勝負になると思いながら指していました。
結果から書きますと、3連敗を喫してしまいました。1往復半ビンタを食らったという感じでしょうか。
















読みぬけがひどいです…。ほとんど指していなかったからという言い訳はしたくありませんでしたが…^^;
次回更新もうどんさんとの対局を載せていきたいと思います。

雑文

タイトルの通りです^^;

環境が大きく変わり、まだ落ち着くことができずにおります。

なかなか指すことができず、ブログもただでさえ低い更新頻度がさらに下がっていて、アクセスして頂いている方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

下旬にはまた更新できるように頑張りますので、これからもよろしくお願い致します。

恥ずかしい棋譜 その83

第70期名人戦が始まりましたね。昨年に引き続き、立場を逆にしての永世名人対決となりました。
勝敗予想は…分かりません^^;
第1局は矢倉。前例のある局面での封じ手のようで、どこで変化するかが楽しみです。

恥ずかしい棋譜は本日の更新で昨年の対局が終わります。
次回の更新からはほとんどの棋譜が対局から1ヶ月以内のものになります。
いずれは遅くとも2週間以内にしたいですね。
さて、冬眠前の最後の対局はサークルメンバーのたかぎさんにお願いしました。
















これといった敗着は見つけることができず、気が付けば悪くなっていたという感じでしょうか。
完敗でした。

第84回選抜高校野球大会を振り返って

優勝は大阪桐蔭。野球どころ大阪の意地を見せたというところでしょうか。
意外なことに大阪勢の選抜優勝は19年振り。上宮は、個人的にはエラーでサヨナラ負けを喫した1989年の印象が
強いです^^;

藤浪投手は197cmの長身。身長は周りと比べて頭一つ抜けていました。
最速153kmでしたか、まさに大型投手。
初戦の投球を見た限りではどうかな?と思いましたが見事に良い方に裏切ってくれました。
大会中にも力を上げていたようですね。
打撃の要である田端選手が初戦で骨折してしまいましたが、他の選手がカバー。
「ボールをよく飛ばすなあ」というのが率直な感想です。
いつも思いますが、大阪桐蔭の選手は皆体格ががっちりしています。日頃の鍛錬の成果ですね。
大阪は激戦区。夏は出られるか分かりませんが、出てきたらもちろん大きく期待できますね。

光星学院による優勝旗の白河の関越えはまたしても叶いませんでした。
3回表、同点とした時には「今度こそは」と思いましたが。
東北勢の優勝がないのは不思議でなりません…。
明治神宮大会を制し大いに期待されましたが、昨年の夏に続いての準優勝。
リアルタイムでは見ていませんが夏2年連続準優勝の沖縄水産を思い出しました。
夏こそはという思いはさらに強くなったこと請け合いです。

初戦を見た限りでは、浦和学院が良いチームだと思いました。
大阪桐蔭を最も苦しめましたか。

ベスト4の健大高崎。これでもかという位に走ってくる機動力野球。
個性のある校歌と相まって鮮烈な印象を残しました。

もう1校のベスト4、関東一は2年生エースの中村投手は、伸びのあるボールを見せてくれました。
これからが楽しみです。

九州王者の神村学園相手に一時逆転した石巻工も印象に残るチームでした。
阿部主将の選手宣誓、本当に素晴らしかったです。

甲子園準優勝投手で元プロの大越監督率いる早鞆は智弁学園相手に途中まで優位に試合を進めました。
甲子園を経験した選手達のこれからに期待が持てます。

鳴門対作新学院の試合は特に面白かったです。
延長戦に入り10回表、作新学院がホームランで1点を取りこれで決まりかと思いましたが、エース大谷投手が踏ん張り切れず鳴門が逆転サヨナラ。


北海道代表、強打の光星学院に3点差だったの北照は健闘した方ですかね^^;
女満別は1回を二階堂投手が無難に抑えていればと思いますが、1回で点数を取られてしまうというのは北海道代表のパターンだと思うので仕方がないでしょうか。

今大会で感じたことは…。観察眼をもっと磨かなければならない、ということでした^^;

恥ずかしい棋譜 その82

新年度となりました。
環境が大きく変わります。徐々に慣れていきたいものです。
今月はあまり更新できないかもしれません…。

恥ずかしい棋譜は、昨年の対局が2局残っていますので、早めに掲載したいと思います。
本日の棋譜はその片方です。
















見慣れない形の右四間から中盤良いかなと思いましたが悪手で一気に不利にしてしまいました。

ちなみにR448は、今の所自己最高レーティングとなっています。
3月中旬にレーティング対局を再開しましたが中々勝てません^^;
5勝3敗→5勝5敗になってしまいましたし…。
焦らず頑張ります。
プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。