スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしい棋譜 その72

例年より寒い印象のある北海道の冬ですが、今日は雨が降っていました。珍しいですが、また寒くなるのでしょう。
















相手の方、現在は卒業されています。
良い所なしで終局してしまっていますね。
右四間は居飛車穴熊と並びアレルギーで、対局するたびに「勘弁してくれ…」と思っていました^^;
これまでにも何局か紹介していますね。
いずれ克服できるのでしょうか…。
スポンサーサイト

恥ずかしい棋譜 その71

北海道は真冬日が1週間続くという状態でしたが、今日から少し寒さが緩みそうです。
まだ春は遠いですが…。

本日も恥ずかしい棋譜です。在庫を調べたところ、今回のものを含めて残り13局となっています。
















中盤でポイントを上げられず、59手目▲4六歩の狙いに気付かずに角を殺されてしまいました。
相手の方の読みをしっかり考えなければ…。
しかし、合計考慮時間が3分42秒とは「お前には時間を使わなくとも勝てる」ということでしょうか^^;

恥ずかしい棋譜 その70

電王戦はボンクラーズが勝利。私の予想は見事に外れました^^;
来年はプロ棋士対ソフトが5局行われるようで、楽しみです。
選ばれる棋士の方は大変だと思いますが…。



恥ずかしい棋譜が70局目の掲載となりました。
最近は将棋倶楽部24で指しておりませんので、在庫は着実に減ってきています。
早く一掃し、いずれは対局からあまり間をおかずに載せられるようにしたいです。
















中盤に問題の手を連発してしまいました。
次の一手で勘を鍛えますか…。本当は実戦ができれば良いのですが。
そして受けの練習を続けることが必要ですね。
ちなみにこれは、居飛車穴熊に組まれた時点で勝てないと思っていた時期の棋譜です。
現在は少々考えが変わりました^^

恥ずかしい棋譜 その69

第61期王将戦は佐藤康九段が先勝。
▲5七玉という驚愕の手が飛び出しました。難しすぎて理解できないながらも面白い将棋でした。

棋王戦は郷田九段が挑戦を決めました。名人戦以来の棋戦挑戦です。
恥ずかしながら、先日郷田九段が羽生世代ということを知りました。
2・3歳若いと思い込んでいました。

明後日には電王戦が行われますね。
プレマッチのように一方的な展開にはならないでしょうし、個人的には米長会長が勝つかなと思うのですが…。

さて、更新が滞ったこともあり今年に入って最初の将棋関係の記事です^^;私の拙い棋譜をどうぞ。
















43手目▲1二香成が問題の手でした。端を受けられないという結果に…。
後は、いつもながら不利になってからの粘りが足りません。
これでまた14級に戻ってしまったという将棋でした。

第88回箱根駅伝 総合結果

それにしても、とてつもない強さでした。
2位駒澤大学に9分2秒差をつけ、東洋大学が総合優勝。

少し往路の補足をしたいと思います。
1区は早稲田大学の大迫選手が1時間2分3秒という歴代5位の好タイムで区間賞を獲得しましたが、後ろと差がそれほど付きませんでした。2分台が実に8人を数えました(現行コースとなってからの40年間で、1時間3分を切ったのは18人だったようです)。東洋大の宇野選手もその中の一人でした。
2区、軽いアクシデントがあったと言われた早稲田大学の平賀選手ですが、タイムは1時間8分47秒。
区間5位タイ、決して悪いものではありませんでした(5人が8分を切った昨年2区のタイムは全般的に速すぎます^^;)。
しかし追った設楽啓選手は1時間8分4秒。2区での首位交代となりました。
3区では再び並びましたが、中盤で引き離されましたね。それ以降首位が代わることはありませんでした。
東洋大の選手があまりにも速かったの一言です。積み重なった結果が大幅な記録更新ですね。

続きを読む

第88回箱根駅伝 往路の結果と復路の展望?

復路スタート直前となりました。

昨日は2区で首位に立った東洋大学。いや強いレースでした。
1人1人が自分の仕事をきっちりと果たしていました。
4区の1年生田口選手は区間記録に迫るタイムで区間賞を獲得しました。
1分54秒差を2位早稲田大学につけて5区に移り…。
柏原選手の活躍は私が書くまでもありません。1時間16分台の区間新記録を有言実行しましたね。
苦しい表情ながらペースを落とさない走りでした。
失礼ながら、前を追わない展開の柏原選手はどうなのだろうと思っていました^^;
自分でペースを作れるということを完全に証明しました。
3度の区間新を含む4年連続の区間賞は史上8人目、同一区間でのものとすると5区を走った山のスペシャリスト、大久保初男氏以来ですか。
従来の往路記録を5分以上更新しました。

早稲田大学は1区の大迫選手が区間賞でしたが、後ろと思ったほど差が付きませんでした。
駒澤大学は中々思うようにレースを運べなかったでしょうか。
明治大学は往路鎧坂選手を欠いた中で3位、素晴らしいですね。

2区は青山学院大学の出岐選手が歴代10位の1時間7分26秒という好記録で区間賞を獲得しました。
東海大学の村沢選手を本調子ではなかっただろうとはいえ抜くとは。

3区は山梨学院大学のコスマス選手が早稲田大学の竹澤選手の記録を更新しました。

5区は、函嶺洞門に渋滞解消のためのバイパスが完成したらコースが一部変更されるのでしょうか。
参考記録にしてしまうには惜しいのですが。

その5区では東京農業大学の津野選手がかなり辛い走りとなりましたが、何とか芦ノ湖にたどり着きました。
レースが始まった後に体調不良となり、走れる状態ではなかったようですね。
宮ノ下での映像を見て、「これは厳しいな…」と思っていましたが、ペースを落として走り切りました。
リアルタイムでは見ていませんが、いつかの2区の日本大学水田選手のような感じでしょうか。

復路の展望?をさらっと。

首位東洋と2位早稲田の差は5分7秒、東洋は復路にも戦力を残しており、まずひっくり返らないかなという思いです。アクシデントがなければ…。
ただ早稲田、駒澤のメンバーも強そうです。

明治大学の鎧坂選手は往路でエントリーされず、復路で走るとしては7区が無難かなとは思っていましたが10区とは…
勝負師ですね^^; 私でしたら…やはり10区に据えたと思います。
10区、結構差が付く区間だと思います。平坦ですし、記録も出やすいかな、と。
将来があるので無理はできればしてほしくありませんが、これは難しいですね…。

芦ノ湖一斉スタートは13チーム、私が見た中では最多だと思います(かつては記念大会を除き
15チームだったこともありますね)。
前を走っているのに順位は後ろという面白い現象が起こり得、首位とのタイム差は分かりづらいですね。

シード権争いは展開が全く読めませんが、中央大学は確保すると思います。

やらねばならないことがあるのでゴールを見られないのは至極残念ですが、結果やニュースを見るのを楽しみにしています。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
昨年訪問して下さった方には心より御礼申し上げます。
本年も拙い内容のブログではありますが何卒よろしくお願い致します。

明日はいよいよ箱根駅伝ですね。
ニューイヤー駅伝は日清食品が優勝したようですね。見ることは出来ませんでしたが…。
メンバー表を見ていると大学時代に活躍した選手の多さに驚かされます。
日清食品のメンバーはゲディオン以外は全員見覚えがあります^^;
エース佐藤悠基選手と言えば私は大学2年の箱根を思い出します。
序盤で集団から抜け出し独走、鶴見中継所では2位に4分もの差を付け1時間1分6秒という区間新記録を打ち立てました。
渡辺康幸選手の記録を13年振りに更新したもので現在も区間記録ですね。
1区は牽制し合ってスローペースの展開が終盤まで続くことが多かったので、それがあまり好きではなかった私は見ていて非常にすっきりしたのを覚えています。
昨年の世界陸上にも出ていましたね。大学入学時から(高校時代からかもしれません)期待されていた逸材、さらに伸びて欲しいです。

うーむ、箱根駅伝のことを書くと文章が長くなりがちですね^^;
ちなみにこの文章を書いている間に今年の東海大学(佐藤選手の母校)は2区村沢選手、5区早川選手が力通りに走れば往路でかなり良い順位になる気がしてきました…。
プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。