スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年も終わりですか…。

本当に色々あった2011年も残すところ1日を切りました。
このブログは3月1日に開設、その直後にあの大震災が起こってしまいました。
被災された方の苦しみは私の想像も付かないものなのでしょう…。
未だにうまく言葉を見つけられないでいます。

個人的にも辛いことが多い一年でした。来年こそはという思いは強いです。

将棋の方は、長らく将棋倶楽部24の13級~14級をうろうろしていましたが、
なぜか上昇し、現在は12級におります。強くなったという自覚はありませんが…。
現在は事情により指していませんが、来年の3~4月頃には復帰できる見込みです。
その際はまた多くの方の厄介になるかと思います。

来年の目標は文章力向上棋力向上、そして実生活の安定です。

新年に入ってからしばらくは低い更新頻度になってしまいますが、ご了承下さい。
拙い文章や棋譜ばかりのブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。
コメントもいただけ、非常に嬉しかったです。
来年もよろしくお願い致します。皆様、良い年をお迎えください…。
スポンサーサイト

ふと思ったプロ棋士のことなど…。

久保二冠対佐藤康九段の王将戦は来年1月8日に開幕ですか。
久保二冠は5連敗中だったA級順位戦で郷田九段から初勝利を挙げました。復調しているでしょうか。
一方の佐藤九段は調子が良さようです。王将戦リーグのプレーオフで豊島六段を破り、A級順位戦では千日手指し直しで持ち時間が少なくなりながらも丸山九段を倒しています。
対抗型の戦いが見られるでしょうかね。

棋王戦は郷田九段と広瀬七段が挑戦権を懸けていますね。
A級順位戦は3局を残し挑戦者争いは全勝の羽生二冠を1敗の谷川九段、2敗の渡辺二冠が追う展開、残留争いは難しくなっています。

個人成績に目を移すと森内名人の勝率が不思議なことになっていますね…。10勝18敗 .357とは信じられません。
意地悪な見方をすると名人戦を除いた場合6勝15敗ですか。
先日の朝日杯将棋オープン戦でも新鋭阿部光四段に敗れてしまいました。棋譜を対局後に見ると、先手の名人が四間飛車にしていたので思わず「おお」と声を上げましたが、結果は残念でした。10連敗だそうで、あれほどの人でも調子の悪さに苦しむことがあるのでしょうね…。ただいずれ本来の姿を取り戻すのは間違いなさそうです。
しかし阿部四段は朝日杯で三浦八段、丸山九段、森内名人とA級以上の棋士を3人も破ったというのは素晴らしいです。羽生二冠には勝てませんでしたが17歳、これからですね。

渡辺二冠の勝率8割は驚愕の一言です。上に行くほど高勝率は難しいはずですが…。
来年さらに活躍するようですと、「渡辺時代」という声も大きくなってくるかもしれませんね。
ちなみに勝数32、勝率.800はともに2位のようです。勝数1位は羽生二冠で35、勝率1位は中村太五段で.824となっています。

2011年度も残り3ヶ月。王将戦、棋王戦、順位戦、NHK杯戦、朝日杯将棋オープン戦などから目が離せなさそうです。
ボンクラーズ対米長永世棋聖の電王戦もありますし。

最後に注目棋士の今年度成績です(2011年終了時点)。

羽生二冠 35勝18敗 .660
渡辺二冠 32勝8敗 .800
森内名人 10勝18敗 .357
久保二冠 15勝13敗 .536
谷川九段 10勝11敗 .476
佐藤康九段 16勝14敗 .533
広瀬七段 25勝12敗 .676
戸辺六段 15勝12敗 .556
豊島六段 31勝13敗 .705
佐藤天六段 18勝9敗 .667
村山五段 18勝15敗 .546
糸谷五段 26勝15敗 .634

第88回箱根駅伝展望

私が特に楽しみにしているスポーツイベントは春・夏の高校野球、そして正月の箱根駅伝です。
元日にどれほど疲れていても2日・3日の午前7時(スタートの1時間前)にはテレビの前で座っています。
1年はあっという間、また箱根駅伝の時期がやってまいりました。本日区間エントリーが発表。
今回の優勝候補は東洋大、駒澤大、早稲田大でしょうか。

駒澤は全日本で優勝、堅実なレースをする印象があります。崩れることはまずないかと思います。
名将大八木監督のゲキにも注目です^^;
出雲で優勝した東洋はやはり、5区に起用の柏原選手が鍵を握りそうですね。
不安のあった前回大会とは違い、全日本では最終8区で区間賞を獲得するなど調整は順調のようです。
設楽兄弟など実力のある選手が揃っており、つなぐのが上手なチームという印象があります。
前回覇者の早稲田はけがもあって中々ベストメンバーを組めないようですね。それでも豪華だと思いますが…。
山上り・山下りがうまくいけば駒澤・東洋を脅かしそうです。
1年で1区区間賞を獲得した大迫選手、八木選手が中心ですかね。

注目選手はまず東海大の村沢選手でしょうか。
過去2年と同じ2区に起用されるのは非常に嬉しいです。5区起用を示唆する声もあっただけに…。
東海は過去にエース級の選手を5区に起用してうまくいかなかったことが記憶にあります。
前回の大会では史上4人目(3人は早稲田・渡辺選手《現監督》、順天堂大・三代選手、山梨学院大・モグス選手)の1時間6分台という文句のつけようがないタイムで区間賞を獲得。来年は調子とコンディションさえ整えば1時間5分台という驚異の区間新記録も期待したいです。

7月に10000mを27分44秒30という日本学生記録を打ち立てた明治大の鎧坂選手は補欠でエントリーですが、出場してくるでしょう。最有力は2区ですが、調子が思わしくなければ3区や7区での起用もありそうです。

国際千葉駅伝で学生代表として走った青山学院大の出岐選手、前回大会で6区区間新の駒澤大・千葉選手からも目が離せなさそうです。

上に挙げた3チーム以外で個人的に注目しているのは上武大です。
予選会を1位で通過、シード権の獲得は濃厚と個人的に考えています。
展開次第では上位に食い込んでくることもありそうです。

さて、予想を立ててみますか…。非常に迷いましたが。


予想
◎東洋大
○駒澤大
△早稲田大
×上武大



非常にありきたりな、面白みのない予想ですが…。東洋と駒澤は逆にしようかとも悩みました。
ちなみに私の予想は全く当たりません^^;
3校が有力ではありますが、どうなるか分からないのが箱根駅伝です。書いていないチームが
歓喜のゴールテープを切っても不思議はありません。2006年のようなこともありましたし…。
熱い217.9kmが、もうすぐ始まります。

恥ずかしい棋譜 その68

巷ではクリスマスイヴのようですね。
一人で過ごす私は 真白な粉雪… で始まる歌でも口ずさみますかね^^;

本日掲載する恥ずかしい棋譜は、これまで何度か登場して頂きましたサークルメンバーのうどんさんとのものです。
















右玉はこの対局が初めてだったかもしれません。
それにしても8筋を明け渡す61手目▲9八飛は完全に魔が差しています…。
その後苦しいながらも粘り続け、逆転の可能性があるところまで行ったようですが、チャンスをつかむことができませんでした。

恥ずかしい棋譜 その67

将棋ソフトボンクラーズ対米長永世棋聖の電王戦プレマッチはボンクラーズの勝利だったようですね。
時間が合わずリアルタイムでは見られませんでした。
2手目で△6二玉という手が飛び出したのですか。
内容はボンクラーズの快勝だったようですが、本来の永世棋聖の将棋とは違うはずで、「手の内を見せなかった」というのはあるかもしれません。
本番は一方的な内容にはならないでしょう。
闘志にさらに火が付き、熱戦となることを期待したいですね。本番も見られないのは残念ですが…。

昨日のC級1組順位戦、加藤九段が千葉六段の四間飛車に対し棒銀で対抗、不利になったものの粘って143手まで
逆転勝利を収めました。終局は0時55分!あと10日余りで72歳になられるとはとても思えません。
私はその歳まで生きていられる自信がありません^^;


さて、前回に続き前置きが長くなりましたが恥ずかしい棋譜の更新です。
















粘りのない指し手に終始していますね…。
50手目までの長い駒組み合戦から開戦したのは良かったですが、67手目の▲7八銀、85手目の▲同桂が話になりません。その他にも細かい?ミスが出ています。
負けるにしても我慢強く指さなければいけませんね。
最後も自玉の1手詰を見落とし、反省点の多い一局となってしまいました。

恥ずかしい棋譜 その66

再来週の日曜日は年が明けている…実感がありません。
私がとても楽しみにしている箱根駅伝までも、あと半月となりました。

本日の更新も恥ずかしい棋譜で、サークルメンバーのうどんさんとの対局です。
私が一番指している方ですね。
13局指させて頂いて3勝10敗。2連敗、2連勝、8連敗、勝ちという戦績です。
本局は8度目のものです。
ところで、恥ずかしい棋譜にはレーティング対局のもののみを載せているのですが今回は、うどんさんとのフリー対局のものも載せてみたいと思います。
初手合い、2度目、6度目の棋譜を掲載、動く棋譜は4局あります。
ちなみに5度目の棋譜は恥ずかしい棋譜その58、7度目の棋譜は第14回ごしっく杯猛省の記録第9局、13度目の棋譜は第15回ごしっく杯猛省の記録第6局に、それぞれ載せております。お暇な方はよろしければ^^;
対戦の歴史ということで…。
※3・4度目の棋譜は私が勝たせて頂いたもので、載せない予定です。
 9~12度目の棋譜はいずれ載せていきたいと思います。
前置きが非常に長くなりましたが、それではどうぞ。
















初手合いの棋譜は、中盤で疑問手が次々と出てじり貧になってしまいました。
2度目の棋譜は、無謀にも矢倉を挑んで中盤で少し良くなったものの攻めきれず逆転。
6度目の棋譜は、56手目の△4九飛が一手バッタリ…。
そして8度目の棋譜は敗勢から粘り、勝負になってきたかというところで頓死という内容です。

恥ずかしい棋譜 その65

今日は一段と寒く感じました。私が住む所の最高気温は-2℃だったようです。
体調に関して気を付け過ぎることはありませんね。



















序盤では飛車を行ったり来たりし、終盤では角を行ったり来たり。
自分でも何をやっているんだと言いたい対局でした。
中盤での大駒損は似たようなことをしばしばやってしまいます…。

恥ずかしい棋譜 その64

師走も折り返しが近づいてきました。あと半月で今年も終わりですね。

5月に復帰しなぜか6連勝という状況で迎えたこの対局。サークルの大会中でした。
実戦勘を鈍らせないでおこうということで指しましたが。
















有利かなと思った局面から難しくし、逆転されてしまいました。
相手の方の早指しにつられて手が乱れたのもあったでしょうか。
落ち着いて指さねばと猛省したことを覚えています。

雑文寄せ集め

師走も三分の一が終わってしまいました。ああ…。
本日の更新は、いくつかの雑文から成ります。

A級順位戦6回戦、挑戦者争いは羽生二冠が屋敷九段を下し全勝を守りました。
1敗対決の渡辺竜王対谷川九段は谷川九段が制しました。
谷川九段はA級残留が決定、挑戦者へ向けての戦いとなりますね。
今期は危ないのではないかという声もあったと思いますが見事払拭しました。
2敗となった渡辺竜王は挑戦が厳しくなりましたね。
残留者争いはこれからですね。

アナザースカイという番組で、羽生二冠の特集をしていました。
将棋の海外普及やチェス王者との対局など…。
長谷川潤さんとの六枚落ちでは30手で勝っていましたね^^;
それも話をしながら、1・2秒で指しつつの結果で、流石としか言いようがありません。
私だったら十枚落ちでお願いしたいものです。
羽生二冠の座右の銘は「運命は勇者に微笑む」。
不惑を越え、どうなっていきますかね。 
ところで、番組の最後に詰将棋パラダイスが紹介されていました。
ヨチヨチルームの3手詰が出ていましたが、一番易しいコーナーですね…。
詰将棋学校の上の方は、普通の人には解けないものだと信じたいです。
とても自力で解くことはできないので、時々買った際には解答を並べて楽しんでいます。


将棋の話題ではありませんが…。
AKB48のニューシングル「上からマリコ」なる曲を聴きました。
何と言いますか、私にはついていけません^^;
「上から真梨子」でしたらまだ触手が伸びたかもしれません…。
上からである必然性はありませんが。

今月は後何回更新できるか分かりません。
ただ、これが最後ではないと思います。 それではまた…。

第24期竜王戦終了後の雑考

少し遅い気がしますが12月最初の更新です。
 
竜王戦は渡辺竜王が4勝1敗で防衛、8連覇としました。
一手損角換わりシリーズだったようですね。棋譜を見てもさっぱりわかりません^^;
竜王は今期の勝率が8割、完全に本格化ですね。
順位戦も挑戦の目がありますし、これから凄いことになるかもしれません。

王将戦は豊島六段と佐藤康九段のプレーオフを佐藤九段が制し、挑戦者となりました。
佐藤九段に勝って頂きたかったので嬉しいです。
久保二冠はA級順位戦で現在勝ちがないなど調子が良くないように思われますが、どう修正してきますか。
昨年度も渡辺竜王と豊島六段という難敵からタイトルを防衛していますからね…。
どちらの棋戦も久保二冠厳しいかなと見ていた私は大外れでした。

棋王戦は挑戦者が郷田九段、広瀬七段、糸谷五段に絞られました。
どなたが挑戦するか、読めません。

朝日杯将棋オープン戦、本戦トーナメントが発表となりました。これは面白いですね。
1回戦で羽生×深浦、久保×菅井、佐藤康×谷川、高橋×郷田などなど。
新鋭阿部光四段×森内名人も興味をそそられます。

最後に注目棋士の今年度成績です(12月4日現在)。

羽生二冠 31勝18敗 .633
渡辺二冠 28勝7敗 .800
森内名人 10勝17敗 .370
久保二冠 14勝13敗 .519
谷川九段 9勝11敗 .450
佐藤(康)九段 15勝14敗 .517
広瀬七段 20勝12敗 .625
戸辺六段 13勝12敗 .520
豊島六段 28勝13敗 .683
佐藤(天)六段 16勝9敗 .640
村山五段 16勝9敗 .640
糸谷五段 25勝11敗 .694
プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。