スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋倶楽部24での戦績

王将戦は豊島六段と佐藤康九段が久保二冠への挑戦を懸けてプレーオフを行うことになりました。
佐藤九段の挑戦が見たい私は少し古い将棋ファンですかね^^;
他に渡辺二冠、羽生二冠がリーグ残留となりました。
名人が1勝もできないリーグ…。激戦ですね。

さて、11月最後の更新は、これまでの私の将棋倶楽部24での戦績を軽く振り返りたいと思います。

2010年9月中旬、R100で登録、デビュー戦を大敗勢から逆転

10戦 5勝5敗  5勝3敗から6連敗して以来勝率は5割を切った状態…。
20戦 7勝13敗
30戦 12勝18敗
40戦 17勝23敗
50戦 20勝30敗
60戦 26勝34敗
70戦 32勝38敗
80戦 38勝42敗
90戦 44勝46敗
100戦 48勝52敗
110戦 53勝57敗
120戦 58勝62敗
130戦 61勝69敗
134戦 63勝71敗
1~134戦 134戦63勝71敗 勝率.470 最高R299 最低R100 休止時R211

8戦目でR150突破
36戦目でR200突破
74戦目でR250突破

中断期間の後、復帰

140戦 69勝71敗
150戦 72勝78敗
160戦 78勝82敗
170戦 83勝87敗
180戦 90勝90敗 180戦目で勝率5割復帰
190戦 97勝93敗 
200戦 104勝96敗
201戦 104勝97敗 
135~201戦 77戦41勝36敗 勝率.532 最高R448 最低R206 休止時R411

143戦目でR300突破
181戦目でR350突破
192戦目でR400突破

合わせて201戦104勝97敗 勝率.517 現在のR411
最大連勝6 最大連敗6

振り返ると足踏みしていますね…。R250(13級と14級)は何度行ったり来たりしたことか。いずれ数えてみます。
R300が届きそうで届かない壁でしたね。
1年前より強くなったという実感はありません…。

蛇足まで、将棋倶楽部24の名簿のデータと個人的に打ち込んでいるデータが中々合いませんでした^^;
私のデータに1箇所誤りがあり、無事問題は解決しました。

お世話になった方々、今までありがとうございました。
24に復帰した際には、またお願い致します。
サークルにおかれましては、通常の活動はもちろん、定ログ、継ぎ盤の益々の活発化を心より祈っております。
スポンサーサイト

恥ずかしい棋譜 その63

JT杯日本シリーズは羽生二冠が渡辺二冠を破り2連覇、5度目の優勝となりました。
相矢倉で、渡辺竜王勝勢から逆転したようですね。

11月は最後の恥ずかしい棋譜更新です。
4月~5月の1回目の中断前最後の棋譜です。
相手はサークルメンバーのたかぎさんでした。
















完敗、とても敵わない強さを感じました。不利になってから全く立て直すことができませんでした。
たかぎさんには5月に復帰した際も最初に相手をして頂きました。
非常にお世話になっております。大会で対局できなかったのは残念ですが。
復帰から半年、2度目の中断にこれから入ります…。
次回の記事はこれまでの将棋倶楽部24での戦績を振り返りたいと思います。

ご挨拶

突然ではありますが、11月23日(祝)を持ちましてしばらくの間将棋倶楽部24での活動を冬眠させて頂こうかと思います。
諸事情がありまして…。前々から決めておりました。
復帰は北国の雪が解ける頃を予定しています。

以前(今年の4月~5月)も中断期間がありましたが、それと同じような感じです。
お世話になった方々には申し訳ないという気持ちで一杯です。
指したいのは山々ではありますが…。
ただ将棋倶楽部24にログインしないだけで、インターネットには接続可能ですし、
ブログはかなり更新頻度は低いと思いますが、忘れた頃に記事を載せたいと思います。
時間は掛かりますが、コメントも返信させていただきますね。
将棋には出来る限り触れるつもりです。どうしても実戦勘は鈍りますが。

サークル内の話ですが、掲示板に書き込みをしようかとも考えました。
ただ汚してしまうのが目に見えるので自分の場所で書くこととしました。
心残りとしては、定ログで候補手を挙げたかったですね^^;発言する勇気がありませんでした。
自分の読みの浅さを常に感じていましたね。
なお、冬眠中も掲示板にはたまに書き込みさせていただくかと思います。

もしかしたら日曜日に限って出没しているかもしれません。
その際はお声を掛けていただければ嬉しいです。
そしてもう一度書きますが、ブログの更新は続けます^^;今月も後2回更新予定です。

残り時間は少ないですが、まだ活動しておりますので、よろしくお願いいたします。

将棋は勝ち切るのが難しい…

いつもの記事とは少し毛色の違ったものとなります。



20111118 1



先日の私の将棋です(先後逆にしてあります)。
無理攻めの結果駒損がひどいという典型的な負けパターンで迎えた終盤戦。
必敗態勢、あとは詰まされるのを待つといった状況です。ところが…。



20111118 2



わずか7手後の局面です。ここで相手の方が投了されました。
見落としがあったようで、飛車を頂いて形勢が大逆転しました。
投了図で後手玉は詰んではいませんが、△2二玉▲2一飛成△3三玉▲3一龍左△3二金打▲4五桂△2四玉▲3六桂
あたりで受けがないようです。もちろん読んでいたわけではありませんが…。

勝ち切ることの難しさを逆転した側ながら感じた対局でした。
逆の立場に立つ事も十分考えられますし、経験もあります。
優勢になってもしっかりと最後まで指したいものです。
意味が違うかもしれませんが、「勝つと思うな 思えば負けよ」という歌詞の歌もあることですし…。

さて、プロの世界でも大逆転というものはあるようですね。
郷田九段の一手頓死などを思い出しますが、私が印象に残っているのは下図の対局です。



20111118 3



第66期名人戦(2008年)第3局 森内名人対羽生二冠
先手森内名人-後手羽生二冠
1勝1敗で迎えた第3局。
相掛かりの将棋から森内名人が優勢となるも、羽生二冠が粘って迎えた局面(140手目△7八歩)です。
ここで森内名人の指した手は▲9八銀でした。
この手が大失着と呼ばれました。△8六桂で打った銀をすぐに取られる格好となり、逆転となりました。
名人戦はその後羽生二冠が4勝2敗で制し、永世名人の資格を得たのでした…。

私の実力ではこの将棋はほとんど理解できませんが、▲9八銀が良い手ではないということは理解できます。

プロ最高峰でも常に最善手が指せる訳ではありません、将棋は難しいですね。

第15回ごしっく杯を振り返って

大会前はグループが一つ上になったこともあり、最下位を心配しておりました。
結果は11人中4位。予想以上でした。
成績は6勝3敗(○○●●●○○○○)。3連敗した時には前回の5連敗が頭をよぎりましたが、そうはならずほっとしています。
あと複数の方と対局をしたかったのですが、予定が合わなかったのは仕方がありません。
敗局は対居飛車穴熊、居飛車急戦、振り飛車(相振り)穴熊でした。
やはり穴熊対策が課題ですね…。後は悪くなってからの粘りです。攻めを受け止めることが中々出来ません。
経験を積むことが必要です。
最後に、大会運営のじょいさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
今後対局できない時期もありますが、次回大会もまず間違いなく参加させて頂きます。
今大会、対局して下さった皆さんには心より御礼申し上げます。
次回の大会もよろしくお願い致します。

第15回ごしっく杯 猛省の記録第8局

ちらほらと「雪」という単語が聞かれるようになってきました。
そういう季節ですか。

本日はサークルの将棋大会、8局目を載せたいと思います。
事情により9局目は掲載しない予定ですので、これが第15回ごしっく杯最後の棋譜掲載となります。
















端棒銀に戸惑いました^^;
一手間違えたらどうなっていたら分かりませんでした。
こつこつと努力されているようですので、Rは間違いなく伸びるでしょうし、次回大会までには追い越されているかもしれません。
対局ありがとうございました。

追記(12月18日)
過去の記事を見直していたところ、愕然としてしまいました。
動く棋譜の対局者名に誤りがありました。
正しくは「おやひなさん」です。
よりによって一番してはいけないミスを犯していたとは…。
心よりお詫び申し上げます。

第15回ごしっく杯 猛省の記録第7局

サークルの将棋大会が終了しました。
後日別記事で書きたいと思います。

本日はその大会、7局目を載せたいと思います。

















くまもんさんの攻めに対して受ける展開が続くという、神経をすり減らす将棋でした。
勝たせては頂きましたが、勝敗を分けたのは実力ではなく、相振りの経験の差だったかなと思います^^;
棋譜を拝見する限り、私より強いと思われますし。
対局ありがとうございました。

これで4勝3敗、勝ちを先行させることができました。

恥ずかしい棋譜 その62

竜王戦、七番勝負第3局は丸山九段の勝利。加藤九段は5組復帰ならず。
A級順位戦では谷川九段に土が付きました。
今週も色々ありました…。
















こういう時期もあったなと振り返って感じます。
調子が悪い時をなかなか抜け出せないのですよね…。
今は良い方だと思います、何とかRをそんなに落とさないようにしたいものです。

恥ずかしい棋譜 その61

全日本大学駅伝は駒沢大学が3年振りの優勝ですか。2位は東洋大、3位は早稲田大と下馬評に違わぬ結果となりました。
箱根駅伝が今から非常に楽しみです。

本日は恥ずかしい棋譜を載せたいと思います。
















粘り強い受けにあい、あっさりと逆転されてしまいました。
調子の悪さも如実に出ていますね…。
この対局でRは200を切り、精神的にはそんなに辛くありませんでしたがなぜ勝てないかなあと考えている日々でした。

第15回ごしっく杯 猛省の記録第6局

落ち葉が目立つようになってきました。迎えつつあるは悲しい白い冬…。
本日は将棋サークルの大会、ごしっく杯の6局目を載せたいと思います。
















今後は玉頭位取りの対策も必要になりそうです。
そして、詰みのある所ではしっかり詰ませるようにしたいものです。
ただ、星は何とか3勝3敗の五分に戻すことが出来ました^^;
対局ありがとうございました。

第15回ごしっく杯 猛省の記録第5局

少し時間が経ってしまいましたが、加藤九段が11月1日に行われた順位戦で勝ち、史上3人目の1300勝を達成されましたね。次は中原十六世名人の1308勝が目標ですか。

さて、将棋サークルの大会、ごしっく杯の5局目を今日は載せたいと思います。
















相振り飛車で初めて穴熊を指されました。とにかく堅いですね。
ただ、いずれは組ませて勝てるようになりたいものです。
本局に関してはとにかく62手目ですね。どうかしていました…。見落としの怖さを味わいました。
もっとじっくりと指すことに慣れたいです。

これで2勝3敗、黒星が先行してしまいました。
プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。