スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしい棋譜 その46

何を今更という感じですが、王位戦は広瀬王位が防衛に後1勝とし、第6局が明日より行われますね。
やはり広瀬王位の防衛かな…と思う私です。
















受けの拙さが目立つ将棋になってしまいました。
「勝利をつかむ受け」を読み始めましたが、結構量が多い気がします。読了には時間が掛かりそうです。
スポンサーサイト

現役棋士勝ち数ランキングベスト20改良版

王位戦第5局は広瀬王位伝家の宝刀四間飛車穴熊対羽生二冠得意の居飛車穴熊となりました。
本来穴熊はあまり好きではありませんが、タイトル戦でとなると話は別です。
タイトルの行方を大いに左右する第5局、どういう結果になりますか。

今日は3月に作成した現役棋士勝ち数ランキングベスト20に勝ち数ランキング上位5名(現役でない棋士では大山十五世名人1433勝、中原十六世名人1308勝)までの残り勝ち数を追加したものを載せたいと思います。

現役棋士勝ち数ランキングベスト20(2011年8月22日対局分まで)
                     羽生 谷川 加藤 中原 大山
1位 加藤九段(71) 1296勝                 12  137
2位 谷川九段(49) 1204勝             92   104  229
3位 羽生二冠(40) 1152勝         52   144  156  281
4位 内藤九段(71) 1116勝     36   88   180  192  317
5位 桐山九段(63) 945勝      207  259  351  363  488
6位 佐藤(康)九段(41) 868勝    284  336  428  440  565
7位 森(雞)九段(65) 825勝     327  379  471  483   608
8位 森下九段(45) 813勝      339  391  483  495  620
9位 森内名人(40) 803勝      349  401  493  505  630
10位 高橋九段(51) 761勝      391  443  535  547  672
11位 島九段(48) 745勝       407  459  551  563  688
12位 南九段(48) 741勝       411  463  555  567  692
13位 田中(寅)九段(54) 723勝   429  481  573  585  710
14位 丸山九段(40) 709勝     443  495  587  599  724
15位 青野九段(58) 707勝     445  497  589  601  726
16位 郷田九段(40) 690勝     462  514  606  618  743
17位 石田九段(64) 679勝     473  525  617  629  754
18位 淡路九段(61) 677勝     475  527  619  631  756
19位 深浦九段(39) 675勝     477  529  621  633  758
20位 阿部(隆)八段(44) 670勝   482  534  626  638  763
次点 中村(修)九段(48) 669勝   483  535  627  639  764
参考 久保二冠(35) 569勝      583  635  727  739  864
   渡辺竜王(27) 374勝      778  830  922  934  1059
   広瀬王位(24) 177勝      975  1027 1119 1131 1256

追記 私のパソコン操作の未熟さゆえ表にずれがありますがご了承下さい。

第93回選手権大会が終わって

夏の風物詩、高校野球が終わりました。天気に恵まれ、順延なしで決勝まで行われました(一時中断はありましたが)。
優勝は日大三。名門が次々と姿を消す中、優勝候補の一角が投打に高いレベルを示しての見事な優勝だったと思います。

青森代表の光星学院が決勝進出しましたが、東北勢の優勝はまたしても成りませんでした。春夏合わせて過去7回決勝まで進んでいるのですね。
私は5回しか知りませんでした。いつ優勝してもおかしくないと思うのですが…。
北海道に優勝経験があるというのが今でも何とも不思議な気分のする道民の私です。

能代商が秋田県勢14年振りの勝利、2勝しましたね。その間に春は2回ベスト8があるので、少し不思議ではありました…。

北海道代表は…北海が明徳義塾に、白樺学園が1勝して智弁和歌山にそれぞれサヨナラ負け。敗れた相手はいずれも強豪で健闘したのは間違いないのですが、健闘と勝ちには大きな隔たりがあると感じた次第です。

残念だったのは、解説者の方も言っておられましたが、金沢・釜田、聖光学院・歳内の両投手が比較的早くに甲子園を去ったことです。
直接対決はテレビで見たかったです。快投をもっと見たかったなと思います。

毎年楽しみにしている高校野球。次は来年春です。個人的には今回の大会はあまりしっかりと結果などを見られなかったので、じっくりと見られたらいいなと思います。

今大会出場選手の中で、どれ位の人数がドラフト会議にかかるかも楽しみです。

将棋とは全く関係のない話題でした^^;

恥ずかしい棋譜 その45

8月も下旬に入りました。本当に時の経つのが早く感じられます。
















35手目の銀タダもひどかったですが、中盤に問題がありました。手の広い局面で最善手を選べず、残念な結果となってしまいました。
R300の壁は厚いと再認識した一局でした。今もその思いは変わりません^^;

プロ棋士現役年数

久しぶりにプロ棋士のデータを作って見ました。今回は棋士の現役年数です。


名前 現役年数(四段昇段日) 四段昇段年齢

加藤九段 57年(1954.8.1) 14歳7ヶ月
内藤九段 52年10ヶ月(1958.10.1) 18歳10ヶ月
桐山九段 45年4ヶ月(1966.4.1) 18歳5ヶ月
勝浦九段 44年4ヶ月(1967.4.1) 20歳10ヶ月 ※
石田九段 44年4ヶ月(1967.4.1) 20歳
森九段 43年4ヶ月(1968.4.1) 21歳11ヶ月
滝七段 42年10ヶ月(1968.10.1) 19歳9ヶ月
田中(魁)九段 41年10ヶ月(1969.10.1) 22歳6ヶ月
佐藤(義)八段 40年10ヶ月(1970.10.1) 21歳7ヶ月
田丸八段 39年4ヶ月(1972.4.1) 21歳10ヶ月
宮田(利)七段 38年10ヶ月(1972.10.1) 19歳11ヶ月
淡路九段 37年4ヶ月(1974.4.1) 24歳
青野九段 37年4ヶ月(1974.4.1) 21歳2ヶ月
前田八段 36年11ヶ月(1974.9.4) 20歳6ヶ月
小林(健)九段 35年8ヶ月(1975.12.20) 18歳8ヶ月
土佐七段 35年6ヶ月(1976.2.19) 20歳10ヶ月
森(信)七段 35年4ヶ月(1976.4.5) 24歳1ヶ月
田中(寅)九段 35年2ヶ月(1976.6.4) 19歳1ヶ月
東七段 35年1ヶ月(1976.7.16) 20歳10ヶ月 
谷川九段 34年9ヶ月(1976.12.20) 14歳8ヶ月

参考
羽生二冠 25年9ヶ月(1985.12.18) 15歳2ヶ月
森内名人 24年3ヶ月(1987.5.13) 16歳7ヶ月
久保二冠 18年4ヶ月(1993.4.1) 17歳7ヶ月
渡辺竜王 11年4ヶ月(2000.4.1) 15歳11ヶ月
広瀬王位 6年4ヶ月(2005.4.1) 18歳2ヶ月

升田九段 43年
大山十五世名人 52年
中原十六世名人 43年5ヶ月(1965.10.1~2009.3.31)

※勝浦九段は竜王戦6組の対局を終え次第引退

やはり加藤九段の息の長さが目立ちます。史上最年少でプロに、71歳の現在も現役です。
重厚感溢れる名前が並びますね。

恥ずかしい棋譜 その44

今回載せる棋譜は、R対局で100局目、2011年初対局のものです。やっと今年の棋譜を紹介できます^^;
サークルメンバーの方との対局でした。

















格上であることは承知していたので、胸を借りる気持ちで挑みました。最後一手差のような形になったのは優しさですね。
相手の方はこの翌月、サークルを卒業されました。現在も精力的に活動されております。

恥ずかしい棋譜 その43

そろそろ秋の気配がする頃でしょうか。全国では変わらず猛暑の所も多いようですが。
















相手の方は角道を開けない中飛車。5筋を集中砲火された局面ではそんなに悪くないと思っていましたが、そこからうまく指されてしまいました。
最後は指す手がなくなり苦し紛れに穴熊もどきを組みましたが、砂上の楼閣になってしまいました。
これも勉強ですね。敗戦後、「くじけないぞ」と思った気がします。

恥ずかしい棋譜 その42

将棋倶楽部24入会後2回目の王手放置をしてしまいました。
龍の利きが見えないとは…とほほ。

今回の恥ずかしい棋譜はサークルメンバーのたかぎさんとのものです。
王手放置、その数局後の完全な押さえ込みとひどい内容が続き、だめだ…と思っていた矢先。
サークルに入会されて間もなかったたかぎさん(当時私も入会後約2週間でしたが)の対局を観戦していると、
終局後に対局のお誘いを頂きました。
なお先手と後手の対局者名は逆ではありません。たかぎさん振り飛車、私居飛車です。
















対局後に自分の弱さをぼやき、絶望していた私を励まして下さったのを忘れることはないでしょう。その後私は立ち直ることができました。
非常に思い入れのある一局です。
たかぎさんは現在サークルの中心メンバーの一人、時は流れました^^;

眠る将棋本達

私は将棋の本を繰り返して読むということが、思い返すと全くといってよい程ありません^^;
ざっと思い出しただけでも、

・寄せが見える本基礎・応用編
・寄せの手筋200
・美濃崩し200
・中盤感覚をみがこう
・勝利をつかむ受け
・7手詰ハンドブック

などが、出番を待ちつつ眠りについています。
どんな本でも棋力向上には役立つと思うのですが…。これではいけません。完全に宝の持ち腐れです。
同じ本を繰り返して読むことはとても大事ですね。2回目・3回目にも、新しい発見があるでしょうし。
佐藤康九段は最初に買った本をボロボロ(真っ黒でしたっけか)になるまで読んだそうです。
私がボロボロになるまで読んだ本は、小学生の時に買った全国地図(20万分の1)くらいです。
簡単な本を読みこんでみようかな…。


王位戦は羽生二冠が2-2のタイとしましたね。横歩取りで、100手近くまで前例のある将棋だったとか…。
広瀬王位の4-1とした私の予想は、外れが確定しました^^;
次の第5局は非常に大きな一戦になりそうですね。

恥ずかしい棋譜 その41

コンビニに週刊将棋が売っていて驚きました。キヨスクくらいにしかないものだと思っていたので…。
ワンピースの最新巻には目もくれず衝動買いしました。
店員の方がレジで戸惑っていたのが印象的でした。やはり買うのは変わり者か…^^;
















いつも以上に内容のない棋譜です。受けを間違えて完全に押さえ込まれました。
粘りも全く効きませんでした。
この対局の負け方にショックを受けたことをはっきりと覚えています。
一番「自分の将棋、だめだな…」と思っていた時期ですね。今は大分前向きになりましたが。

蛇足
高校野球、南北海道代表の北海は高知代表の明徳義塾にサヨナラ負けを喫しました。
組み合わせを知った時に厳しいな…と思っており、善戦したものの初戦敗退となってしまいました。
エースの玉熊投手は2年生なので来年に期待です。
残るは北北海道代表の白樺学園、静かに見守りたいです。

恥ずかしい棋譜 その40

王位戦第3局はゴキゲン中飛車となって117手で羽生二冠が勝ち、広瀬王位から見て2勝1敗となりました。
第4局が来週に控えていますね、どうなりますか。

恥ずかしい棋譜は40局目の掲載となりました。まだストックは豊富にあります^^;
















王手放置からずるずると3連敗、14級陥落となりました。どうも右四間には相性が悪く、対策が必要そうです(今でもこの状況は変わっていません)。この次の対局は勝たせて頂きましたが、調子の悪さを自覚しているという状態でした。
今も14級と13級を行ったり来たり、成長がありませんねえ^^;

8月に入りました…高校野球の話題でもさらっと

最近体が鉛のように重いです。夏バテではないと思うのですが…。健康には気をつけねば。

先月のブログ更新は11回。6月の7回と比べて少し持ち直しましたが、下旬にペースが落ちてしまったのが反省です。ただ今月は(も)あまり更新できなさそうで、週1回は死守しながらという感じになりそうです。

今日は将棋の話題ではなく、私の狭く浅い趣味の一つである高校野球について書こうと思います。
第93回全国高校野球選手権大会が8月6日より始まりますね。
春共々、毎年楽しみにしています。事前の予想が本当に当たりません…。昨年の興南は予想通りでしたが。
今回大会は、個人的な印象としてあまり知らない高校が多いかという感じです。
激戦区の愛知が至学館、大阪が東大阪大柏原と春夏通じて初出場の高校が代表となったのが意外でした。
愛知は中京大中京、東邦、愛工大名電、享栄…、大阪はPL学園、大阪桐蔭、履正社、北陽…という全国に知られた高校がある中で切符をつかんだのは意義がありますね。
常連校も帝京、日大三、横浜、福井商、龍谷大平安、智弁和歌山、明徳義塾などが出てきます。
私が住む北海道からは北は白樺学園、南は北海が出場します。北海は昭和38年春には準優勝した
古豪ですが道外の方には駒大苫小牧の方が印象が強いですかね。春はベスト8、白樺学園共々過度な期待をせず、1勝から勢いを付けてあわよくば…というのを期待したいと思っています。
今年はどのようなドラマが生まれるのか。私はあまりテレビで見られないのが残念です。
プロフィール

ratify

Author:ratify
細々と将棋倶楽部24で指しております。指す手は悪手・疑問手の連続ですが、めげずに頑張っているつもりです。
当ブログはリンクフリーです。万が一相互リンクしたいという方がいらっしゃいましたら将棋関係のページであれば受けさせて頂きます。
コメント欄にその旨を書いて頂ければ対応致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。